LINEで現在地などの位置情報をトーク画面に送信する方法

スポンサーリンク

LINEで現在位置や任意の場所の地図をトークで送信することができるって知ってましたか?僕はつい最近までこの機能があることを知りませんでした。相手にLINEで今いる場所を伝えたくてもうまく言葉にできなかったりしたことはきっとあるかと思います。この地図送信機能は無茶苦茶簡単ですので知っておいて損はないですよ。今回はそのやり方を簡単に解説します。

現在地の位置情報を送信する方法

最初に現在地を相手に伝えるやり方を解説します。

まずは地図を送りたい相手とのトーク画面を開いてください。

LINE

Sponsored Link

一番左下にある+をタップします。すると以下のメニューが開きます。

LINE

この中から位置情報をタップしてください。地図が開いて現在地が表示されます。

LINE

住所が出ている部分に「この位置を送信」と出ていますので、そこをタップすると相手に位置情報が送信されますが、下部に出ている候補地から目的の場所を選択するとさらに正確になります。今回はナチュラルカフェこひきやを選んでタップしてみました。

LINE

今度は地図上の表示がちゃんと「ナチュラルカフェ こひきや」になっているのがわかるかと思います。この状態で相手に送信すると、次のような画面になります。

LINE

これで地図をタップするとちゃんと地図が表示されます。

LINE

もちろん拡大表示もできますよ。

LINE

迷子になった時、待ち合わせ場所を急に変更したい時には便利な機能だと思います。

任意の場所の位置情報を送信する方法

次に任意の場所の地図を送信するやり方です。トーク画面で位置情報の送信画面を出すところまでは一緒です。ここで検索欄があるのに気がつくと思います。

LINE

ここに相手に伝えたい場所を入力します。今回はカド珈琲と入力しました。

LINE

検索候補の中からカド珈琲をタップするとちゃんと地図上に表示されます。

LINE

この位置を送信をタップすればトーク画面で相手に位置情報を送信することができます。

まとめ

今回はLINEで位置情報を送信する方法をお伝えしました。現在地と任意の場所の2つを送信するやり方があります。このやり方を覚えておくと使える場面は結構多いと思いますよ。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録