iPhoneで素早く確実にカメラアプリの動画撮影画面を出す方法

スポンサーリンク

iPhoneで動画を撮影しようと思ってカメラアプリを起動しても、なかなか動画撮影画面に切り替えられなくて焦っちゃうなんて経験をしたことはないですか?特に寒い冬だと指があまり思う通りに動いてくれなくて困ることが多いです。そこで今回はカメラアプリで素早く確実に動画撮影画面にする方法を2つ紹介したいと思います。

3Dタッチを使う

iPhone 6sシリーズから3Dタッチという機能が加わりました(ただしiPhone XRには搭載なし)。ホーム画面でアプリを強く押し込むことで、サブメニューが開くのです。まずはホーム画面を見てみましょう。

iPhone 3Dタッチ

Sponsored Link

僕の場合カメラは左下の方にあります。このアイコンをいつもの調子で長押ししてみてください。

iPhone 3Dタッチ

すると各アイコンが揺れだして、アプリの削除やアイコンの移動ができるようになります。ここでホームボタンを押して通常のホーム画面に戻してください。ここまでは練習です。

次に先程のいつもの調子ではなくて、思い切って強くカメラアイコンを長押ししてみてください。このようなサブメニューが開くはずです。

iPhone 3Dタッチ

これが3Dタッチという機能です。このサブメニューの中からビデオ撮影をタップすれば一発で動画撮影画面になります。この強く押し込む感覚に慣れるとすごく楽ですよ。

Siriを使う

次の方法はSiriを使うものです。音声でやりたい動作の指示を出す方法ですね。Siriを起動するにはホームボタンを長押しするか「Hey Siri」と呼びかけます。するとこのような画面になります。

LINE

「ご用件は何でしょう?」と聞かれるので「動画撮影」とiPhoneに向かって話しかけてみてください。一発で動画撮影画面になります。声を出しても問題がない状況だったら、この方法もすごく楽ですよね。

まとめ

今回はiPhoneで素早く確実に動画撮影画面を出す方法を紹介しました。カメラアプリで動画撮影画面にするのが苦手な方はぜひ試してみてください。3Dタッチは慣れが必要ですが、Siriだとすぐにできると思います。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録