AmazingThailand 写真 旅日記

スカイトレインのナナ駅近くにある超豪華なホテルのザ・ランドマーク・バンコクに3泊してみた!無料のプールやメニューいっぱいの朝食が魅力的ですよ #AmazingThailand #LoveThailand

投稿日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


タイ国政府観光庁とタイ国際航空によるメディア・ブロガーツアーに招待していただきタイを旅してきました。
宿泊したのはザ・ランドマーク・バンコクです。
ここではランドマーク・バンコクの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

ザ・ランドマーク・バンコク

ザ・ランドマーク・バンコクはスクンビット通り沿いにあり、BTS・スカイトレインのナナ駅のすぐ近くです。
駅に近いということで観光やビジネスの基点にはぴったりですよ。

ウェルカムドリンク

今回宿泊したザ・ランドマーク・バンコクは外観はちょっと古さを感じさせる建物です。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

しかし内部はしっかりと改装されているので高級感がありつつもとても落ち着く空間でした。
まずはロビーから。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

とても広々としていて、天井も高くて開放感があります。
フロントにはたくさん人がいるのでほとんど待たされることはないと思います。
もちろん英語対応も可能です。
このロビーではウェルカムドリンクも出していただきましたよ。

タイへ行こう 2017年6月21日

アルコールが苦手な方にはジュースもあります。
ホテルに到着したのがかなり遅い時間でこの後の予定がもうないので、僕は珍しくビールをいただきました。

広々とした部屋!

それでは部屋に入りましょう。

タイへ行こう 2017年6月21日

って、何この広さ!
今まで気ままな一人旅でシングルルームにはたくさん泊まってきたけど、それと比較してはいけない広さです。

入口を入ってすぐのところにはクローゼットがあります。

タイへ行こう 2017年6月21日

アイロン、アイロン台、ガウン、傘、スリッパなどがここに入っていました。
セーフティーボックスもここにあります。

タイへ行こう 2017年6月21日

クローゼットの横にはお茶のセットがあります。

タイへ行こう 2017年6月21日

ここに無料のペットボトルの水が2本あります。
毎日未開封のものが2本補充されるのがよかったですね(今回は3泊しました)。
このすぐ下の引き出しの中がミニバーです。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

さらに下には冷蔵庫もあります。

次はバスルームです。

タイへ行こう 2017年6月21日

洗面台、トイレ、バスタブ、シャワールームがここにはあります。
アメニティは歯ブラシセットもあるのがうれしいですね。

タイへ行こう 2017年6月21日

バスタブとシャワールームは別々になっています。

タイへ行こう 2017年6月21日

初日の夜は余裕がなかったけど、2日目と3日目の夜はバスタブにお湯をはって入りました。

トイレはシャワー付きですね。

タイへ行こう 2017年6月21日

そしてベッドです。

タイへ行こう 2017年6月21日

これ、一人で寝るには広すぎますよね。
ちなみに、寝っ転がるとこんな感じです。

タイへ行こう 2017年6月21日

ここに寝転がった向かい側の壁にテレビがあります。

タイへ行こう 2017年6月21日

何だかんだで忙しかったのでテレビは一度もつけませんでした。
今思えばタイのテレビ番組もちゃんと見ておくべきでしたね。

こちらがデスクです。

タイへ行こう 2017年6月21日

ここで主にPC作業をしました。
コンセントがあるのはもちろんのこと、USBポートもあるのでケーブルさえあればiPhoneやスマートフォンの充電も可能です。
HDMIポートもあったので、先程のテレビ画面に映像を出力するのも可能なようです。

部屋にはウェルカムチョコとフルーツもありました。

タイへ行こう 2017年6月21日

ちょこちょことおやつ代わりに食べることができたのでありがたかったですね。

さあ、このような豪華な部屋でさて寝ようとなったのですが、困ったことに電気のスイッチがどこを探しても見当たりません。
あちこち探したけれども全く壁に突起物がないのですよ。
そんな時にベッドサイドにある電話の上に何やら見慣れぬものがあることに気が付きました。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

何だろうと手を伸ばしてみると、これがタッチパネルになっていて、ここで部屋の電気関係のものを全て操作することができたのです。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ハイテク過ぎてわからなかった!
本来はチェックインの時に係の人が説明があるのでしょうが、今回は大勢で宿泊したということもあって、その点省略されてしまったのかもしれません。
ランドマークバンコクに宿泊する皆さん、電気は電話の上のタッチパネルですからね。

翌朝朝食会場に行くためにドアを開けたら読売新聞が置かれていました。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

宿泊する人に合わせてどの国の新聞を置くのか変えているのでしょうね。

そうそう、メイドさんのためのチップは20バーツにするようお勧めされました。

タイへ行こう! Day4 2017年6月24日

メニューいっぱいの朝食

それでは朝ごはんを食べに行きましょう。
朝の6時から会場に入ることができます。
ビュッフェ形式なので自分の好きなものを好きなだけ食べることができますよ。
日本人が多く宿泊するホテルということなので日本食もあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

パンも充実していますね。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

おかず類も豊富です。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

フルーツももちろん用意されていますよ。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

卵料理やベーコンの切り分けなどは直接目の前でやってくれるのも楽しいですよ。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

それではどんな感じの朝食にしたのか見ていただきましょう。
まずは2日目の朝食。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

フルーツとチャーハンが美味しかったですね。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

3日目。

タイへ行こう! Day3 2017年6月23日

ここではお粥をメインにしてみました。

最終日。

タイへ行こう! Day4 2017年6月24日

普通に炊いたタイ米はソーセージやベーコンとよく合いましたよ。

このようにして3日間同じ場所での朝食でしたが、バリエーションがあるので飽きることはありませんでしたね。

最上階にはバー・レストランがある!

このザ・ランドマーク・バンコクは31階建てです。
その最上階にはステーキレストランがあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

バンコクの街を見下ろしながら食事ができるなんて最高ですよ。
窓によってはスカイトレインも見えちゃいます。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

この最上階にはバーもあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ソファ席もあるのでゆったりできますよ。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

実際に夜に飲みに行ってきました。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ストロベリースムージーを(笑)
がっつり飲みたいという方にはもちろんアルコールはしっかり用意されていますのでご安心を。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

無料のプールもあり!

実はこのホテルには宿泊者ならば誰でも無料でできるプールがあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

しかもかなりリゾート気分を満喫できそうな雰囲気です。
日本を出る前に知っていたら水着を持参したのになあ。

有料のスパもあり

このプールの横にはスパの入口があります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ここには有料のスパがあります。
こちらのベッドでマッサージを受けることができるわけですね。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ベッドの向こうには花びらでいっぱいのお風呂もあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

映画に出てきそうな絵に描いたようなスパですよね。
その他にも部屋によってベッドのタイプが異なっています。
一人用、二人用の部屋がありますよ。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

大人数が利用できる会議室もあり

ホテルではよく国際会議や企業研修などで大人数の会議やパーティーが催されます。
そのための部屋もちゃんとあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ちょっと小さめの会議室もあります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ここはこのような部屋とも直結しているので休憩場所としても利用できます。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

その他の部屋も見てみよう

その他の空いている部屋も見学させてもらえました。
こちらは角部屋なので2方向に窓があります。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

リビングルームとベッドルームが別々になっている部屋もありました。

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

タイへ行こう! Day2 2017年6月22日

ザ・ランドマーク・バンコクにはPremium Room、Premium Corner、Premium Club Room、Premium Club Corner、Dluxe Suite、Executive Suiteの6種類の部屋があります。
僕が泊まったのはPremium Roomですかね。

まとめ

バンコクに初めていくのならば、部屋が広くてきれいで安心安全なザ・ランドマーク・バンコクはお勧めですね。
朝食には日本食もあるし、日本の新聞もあるしで、日本を身近に感じることができます。
ナナ駅というバンコクのナイトスポットの最寄り駅でもあるので遊びにも行きやすいですよ。
せっかくなら水着持参で宿泊したいですね。

宿泊費は安ければ1万円台前半ですので、目玉が飛び出るような高さではありませんよ。
詳細はこちらからどうぞ。
ザ・ランドマーク・バンコク

今回の旅はタイ国政府観光庁(TAT)とタイ国際航空(TG)によるメディア・ブロガーツアーで、渡航費、宿泊費、現地でのアクティビティ費を提供していただきました。ありがとうございます。なお、個人的な買い物等は自腹でした。

タイ国政府観光庁(TAT)
タイ国際航空(TG)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール


トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-AmazingThailand, 写真, 旅日記
-, , , , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。


 

詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
とくとみのtwitter

とくとみぶろぐFacebook
ページ

とくとみのFacebook
とくとみのInstagram

鉄道コム

RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

フィードメーター - とくとみぶろぐ

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

​​タイ国政府観光局とタイ国際航空のメディア・ブロガーツアーに参加しました!
タイへ行こう!

ウェアラブル翻訳デバイスのiliを相棒に2泊3日で上海を旅しました!
iliと行く上海

チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。

東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。

ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。

プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。

熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。

広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。

スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。

おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼、旅レポートなどのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム