Tag ‘D40x’


LOVE 東北

東北、好きです。
今日はこれまで僕が東北地方を訪れた時に撮影した写真を県別に何枚か紹介しようと思います。

まずは青森県から。

弘前さくらまつり festival of cherry blossoms at Hirosaki 2014年4月29日
続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

サヨナラ、寝台特急北斗星 北斗星の食堂車やB寝台2人用個室のデュエットへの乗車の思い出などをつらつらと

ついにこの日が来てしまいます。
平成27年(2015年)3月13日。
寝台特急北斗星の定期運行が廃止されます。

Tokyo Train Story 北斗星

僕の地元を走るブルートレインなので、何度も上野駅で撮影しました。 続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

路地裏にはやっぱり猫がよく似合う

今日はまたまた路地裏猫特集です。
まずは新宿区西早稲田2丁目の路地裏猫から。

ばっちりカメラ目線のなんとなく色っぽい猫でした。

次は文京区千駄木1丁目の路地裏猫。

この猫にはこれ以上近づくことができませんでした。
ここから一歩でも近づくと家の裏に逃げこんでしまいました。
同じ家の裏手には水道があり、そこには警戒感ゼロで眠り込んでいる猫もいました。

同じ場所にいる猫でも性格が全く異なっているようです。

次は新宿区若葉1丁目の路地裏猫です。

この地域は低層の木造家屋が密集する昭和の雰囲気が漂う場所で、空き地の一角にあった切り株の上で休んでいる猫です。

次は根津神社の近く、文京区根津1丁目の路地裏猫です。

この猫を見た時は我が目を疑いました。
超巨大だったんですよ!
少なくとも通常の猫の2倍。
歩く時はノッシノッシと音が聞こえてくるようでした。
もっと近くで撮影したかったけど、すぐにどこかへ歩いて行ってしまいました。

路地裏猫特集はまたやります!

写真はNikon D90及びD40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

文京区根津2丁目 民家の軒先にある生活感たっぷりの井戸ポンプ

文京区根津2丁目には自転車がようやく通れるような狭い路地がたくさんあります。
この付近の路地裏散歩には何度も行っているのですが、まだまだ見逃してしまっている路地もたくさんあるのです。
先日、ふと気になって狭い狭い路地に入ってみると・・・

ありました!
深緑色の井戸ポンプの発見です。
このポンプは木造家屋の軒下にあり、正面から見ようとすると戸が開け放れた部屋の中が丸見えになってしまうのです。
従って横からしか見ることができませんでしたが、なかなかいい井戸ポンプです。
周囲に木や緑がたくさんあるというロケーションが素晴らしいです。
また、ポンプの向こう側に小さな黒板が置かれており、何やら落書きがされているというのもいい味となっております。

こういう生活感たっぷりの井戸ポンプもいいもですね。

写真はD40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

台東区谷中2丁目 赤い大黒号井戸ポンプを再訪す

ゴールデンウィーク真っ只中。
5月5日の子供の日に台東区谷中2丁目にある赤い井戸ポンプを久々に見に行ってきました。

「大黒号」というロゴが入っている立派なポンプです。
残念ながら既に遺跡と化していますが、かつてこの周囲が広大なお屋敷だった頃には現役として活躍していたそうです。
現在ではアパートなどが立ち並ぶ一角にポツンと枯れてしまったポンプのみが取り残されています。

5月はちょうど花の季節なので、ポンプの周りにもつつじが咲いていました。

やっぱり井戸ポンプにも花がよく似合います。

このポンプもいつか取り除かれる運命にあるものだと思いますので、生で見るならば今のうちでしょうね。

写真はD40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

【Tokyo Train Story】鳥居をくぐる都電荒川線

井戸がある鉄道風景と同様に鳥居がある鉄道風景も僕は好きです。
都電荒川線の三ノ輪橋停留所のすぐ脇には小さな神社があり、そこの鳥居はまるで都電がくぐってくるかのように見えるポイントがあります。

こんな風景もこれからたくさん探して行こうと思います。

都電荒川線
三ノ輪橋

写真はD40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

飛鳥山公園のアスカルゴに乗ってみた

王子駅のすぐ横には飛鳥山公園があります。
江戸時代より桜の名所として栄え、もちろん今でも春にはたくさんの桜が咲き、お花見客も大勢訪れます。
この飛鳥山は「山」と名前がつくだけあって小高い山となっており、お年寄りや体の不自由な方が訪れるには敷居が高い場所でもありました。
そこで平成21年(2009年)7月に公園の入口と山頂を結び、無料で乗車できる飛鳥山モノレール(施設名はあすかパークレール)が開業しました。
外観がかたつむりに似ているので、車両の名前は「アスカルゴ」と公募で決定しました。
今回はそのアスカルゴを簡単にレポートしたいと思います。

まずは王子駅中央口を出てすぐのところにある公園入口駅です。

日中はここに行列ができるくらいの混雑となります。
無料で乗車できるので切符を購入する必要もありません。
駅の横から山を見上げてみるとレールが山頂へ延びているのがわかります。

結構急勾配を上っていくのですよ。
ではアスカルゴに乗車してみることにしましょう。
山の下側には王子駅の線路がたくさん見えるので、タイミングが合えば新幹線や東北本線、京浜東北線、貨物線が走っているのも見ることができます。

すぐ下の明治通りは都電と自動車の併用区間になっており、都電と車が並んで走っている様子も見れます。

乗車時間は2分、あっと言う間に山頂駅に到着です。

アスカルゴ本体を写真に撮ろうとするなら山の下ではなくて、上側からの方が車体がよく見えると思います。
最後に再び公園入口駅へと下っていく姿を見送ってきました。

アスカルゴの運行時間は10:00~16:00まで。
詳細はこちらからどうぞ。
飛鳥山公園|東京都北区

写真はNikon D90Nikon D40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

あらかわ遊園の観覧車に乗ってみた

子供の頃、よくあらかわ遊園に遊びに行きました。
夏はプール、冬はローラースケート、そしてたまに観覧車。
今でもこのあらかわ遊園は子どもたちに人気で土日を中心に賑わいを見せています。

先日、実に久々にあらかわ遊園に行ってきました。
入り口には都電6000形が展示されています。

この6000形は中に自由に入って見学することができるようになっています。

木の壁、木の床、緑のシートが懐かしい香りを運んでくれます。

6000形から離れて、今回のメインイベントである観覧車に向かうことにします。

横浜、パレットタウン、葛西臨海公園などと比べると小ぶりでおもちゃのように見えます。
でも乗ってみるとなかなか楽しいのですよ。
4分の1くらい上っていくと隅田川の流れが見えてきます。

荒川区は低層の建物が多い住宅地なので、遠くまで見渡すことができます。

そして頂上に到達。

今なら建設中の東京スカイツリーもよく見えるでしょう(これを撮影したのは昨年の9月。まだ小さいスカイツリーがちょこっと見えてはいます)。
ここまで来ると高いは揺れるはでかなり怖かったですよ。

観覧車の下にはどうぶつ広場があって、ポニー、うさぎ、モルモットなど触れ合うこともできます。
入園料は大人200円、小中学生100円ですので(その他にのりもの券も必要になります)、都電巡りの際はぷらっと立ち寄ってみると面白いものが見つかるかもしれませんよ。
あらかわ遊園

個人的に、あらかわ遊園にはぜひカピバラを導入して欲しいと思っております(笑)

写真はD40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

品川区北品川の井戸ポンプ2つ

現在の品川駅前は高層ビルが林立し、さながら未来都市のようでもあります。
そんなビル街を一歩抜けると、昭和の時代にタイムスリップしたような光景が広がる一角があるのも品川の特徴でもあります。
品川区北品川1丁目に残る昭和の町並み(とくとみぶろぐ)
今回はそんな品川で見つけた井戸ポンプを2つ紹介したいと思います。

まずは品川区北品川1丁目で見つけた井戸ポンプから。
路地裏に緑に光る物体があったので、よもやと思い近づいてみると。

あった!
赤く塗られた土台とポンプの緑という色の対比が面白いものでした。
ただ、残念ながら既に枯れポンプのようで、今では使われている形跡はありませんでした。
それにしても、ポンプ横の石垣の苔が美しかったのが印象に残っています。

もうひとつ。
次は北品川2丁目で見つけた井戸ポンプです。

こちらは突き当たりの路地の道の真中にでーんと設置されていました。
この井戸ポンプは現役かどうか確認できませんでしたが、水が出てくるパイプの部分が取り外されていました。

先程とは逆の方向から見てみると、背景となる家に簾がかかっていたり、赤い戸板があったりしてなかなかいい雰囲気に見えました。

品川付近にはまだまだ井戸ポンプがあるという情報も入っているので、近いうちにまた探索に行こうと思います。

写真はNikon D40x+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

北区田端1丁目の井戸ポンプ

北区田端付近の地形は高低差が激しく、あちこちに坂道があります。
井戸ポンプハンターとしての経験によると、坂道の下に井戸があることが多いのです。
そこで、田端のとある坂道を下って、谷になっている部分を探索してみると・・・
ありました!
井戸ポンプの発見です!

このポンプは家と家の間の私有地にありこれ以上近づくことはできません。
でももうちょっと絵になるように撮影したいということで、公道と私有地の境界にある花壇を利用して撮影してみました。

白飛びしちゃっているけど、この方が春らしい爽やかな雰囲気を演出できていると思います。
殺風景に見えても、ちょっと見方を変えてみると実は華やかな景色に見えるなんてこともあるのです。
こんな風に撮影された方が井戸ポンプもきっとうれしいのではないかと思いました。

今回紹介した井戸は北区田端1丁目で見つけました。

写真はD40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

よろしければシェアしてください!

1 / 6512345...102030...最後 »

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム