飛鳥山公園のアスカルゴに乗ってみた

スポンサーリンク

王子駅のすぐ横には飛鳥山公園があります。
江戸時代より桜の名所として栄え、もちろん今でも春にはたくさんの桜が咲き、お花見客も大勢訪れます。
この飛鳥山は「山」と名前がつくだけあって小高い山となっており、お年寄りや体の不自由な方が訪れるには敷居が高い場所でもありました。
そこで平成21年(2009年)7月に公園の入口と山頂を結び、無料で乗車できる飛鳥山モノレール(施設名はあすかパークレール)が開業しました。
外観がかたつむりに似ているので、車両の名前は「アスカルゴ」と公募で決定しました。
今回はそのアスカルゴを簡単にレポートしたいと思います。

まずは王子駅中央口を出てすぐのところにある公園入口駅です。

日中はここに行列ができるくらいの混雑となります。
無料で乗車できるので切符を購入する必要もありません。
駅の横から山を見上げてみるとレールが山頂へ延びているのがわかります。

結構急勾配を上っていくのですよ。
ではアスカルゴに乗車してみることにしましょう。
山の下側には王子駅の線路がたくさん見えるので、タイミングが合えば新幹線や東北本線、京浜東北線、貨物線が走っているのも見ることができます。

すぐ下の明治通りは都電と自動車の併用区間になっており、都電と車が並んで走っている様子も見れます。

乗車時間は2分、あっと言う間に山頂駅に到着です。

アスカルゴ本体を写真に撮ろうとするなら山の下ではなくて、上側からの方が車体がよく見えると思います。
最後に再び公園入口駅へと下っていく姿を見送ってきました。

アスカルゴの運行時間は10:00~16:00まで。
詳細はこちらからどうぞ。
飛鳥山公園|東京都北区

写真はNikon D90Nikon D40xNikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録