9つのパノラマスクリーンで古代エジプトについて学ぶことができるCULTURAMA(カルチュラマ)プレビューイベントに行って来た

スポンサーリンク

2008年10月16日(木)~24日まで政策研究大学院大学内の想海樓ホールでCULTURAMA(カルチャラマ)というイベントが開催されています。

カルチュラマとは古代エジプトの歴史と文化を紹介するパノラマ映像システムで、9面のスクリーンがほぼ180度に設置され、そこにエジプトに関する様々な画像、CGなどが映し出されるのです。

先日、そのプレビューインベントに行ってきました。

スクリーンの実際の様子はこんな感じ。

9つのプロジェクターで9つのスクリーンに映像を投影するのですが、9つ全てを合わせると解像度は7200*600ピクセルというものになり、これを1台のPCで制御するらしいです。

9つの画面にひとつの画像を投影すれば超ワイドな画像になるし。

ひとつひとつに別のものを映し出すこともできます。

イメージとしてはPowerPointのプレゼンがさらにパワーアップしたものかと思いました。

映画のように一方向的に映像を流し続けるのではなく、スライドの中の見たい情報、知りたい情報をクリックすればそこをさらに詳しく見ることができるようになっています。

文字や写真だとよくわからないかもしれないので、動画で撮影してきたものを紹介します。

9面のスクリーンがひとつひとつ違う動きをしていて、その中身の映像もなかなか魅力的な動きをしているのがわかるのではないでしょうか。

これだけ多くの情報が目の前にあると、ちょっと前の情報を見返すことも容易にでき、話が進むスピードに置き去りにされるということも少なくなると思います。

現在開催されているイベントでは古代エジプトの歴史と文化がメインテーマとなっていますが、これを他のテーマでやってもかなり面白いものができあがると思います。

個人的には日本の世界遺産、白神山地のコンテンツがこのシステムで見ることができたらうれしいかも。

大学の授業や企業研修でも応用できそうです。

10月24日(金)まで政策研究大学院大学内でこのカルチュラマを見ることができますので、お時間があったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催場所、時間等の詳細はこちらからどうぞ。

CULTURAMA日程

その他の情報もこちらのブログで公開されていますよ。

Tokyo Culturama

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録