表参道のマック跡に新感覚のハンバーガーショップ「QUARTER POUNDER(クォーターパウンダー)」がオープン

スポンサーリンク

先日、表参道にあったマクドナルドが黒い壁に覆われて「トップシークレット」と書かれて工事中になっていたことをお伝えしました。

表参道のマクドナルドがあった場所が黒い壁に覆われて「トップシークレット」に!?(とくとみぶろぐ)

そこで11月1日に新しいお店がオープンするらしいという情報はわかったのですが、それ以外は「トップシークレット」だったのでわからないという状況でした。

そして本日、かつてマックがあった場所に行ってみました!

そこには・・・

QUARTER POUNDERというお店がオープンしていました。

QUARTER POUNDER

メニューを見てみると、「DOUBLE QUARTER POUNDER with cheese」と「QUARTER POUNDER with cheese」のセットの2つのみ。

ダブルチーズバーガーまたは普通のチーズバーガー、フライドポテト、飲み物(コーラ、コカコーラゼロ、コーヒーの3種類から選択)というメニューです。

とにかく選択肢が少ない、単品が頼めないというメニュー構成で、仕方がなく普通のチーズバーガーのセットを注文することに。

店内で食べようとしていたのに、カウンターから出されたのはテイクアウトのように袋に詰められたもの。

どうやら通常のファーストフードのようにイートインの時にはトレイに入れて出すということはやらないようです。

メニューを極限まで減らし、全てのお客に袋詰めをするという徹底的な合理化が図られているようでした。

パッケージはこんな感じ。

僕はもはやハンバーガーとポテトを一緒に食べることが出来ないほど食が細くなってしまったので、ポテトは持ち帰ることにして店内ではチーズバーガーのみを食べることに。

チーズバーガーはマックとは違って味がかなり濃厚で、やはり1個食べればもうお腹一杯になってしまうほどです。

ファーストフードの中では味のレベルはトップクラスだと思いましたよ。

ただ、確かにおいしいのだけれど、メニューが少なくて単品しか頼めないというのがネックかな。

ちなみに地下のイートインスペースは黒を貴重として落ち着いた印象を持ちました。

ふかふかの椅子に幅広い隣との間隔がいい感じです。

しかし音楽がうるさくて人としゃべるのにかなり邪魔な気がしました。

落ち着いているのは見た目だけで、実際にはゆっくりとするということはできない場所に思えました。

それにマック時代は使えたBBモバイルポイントの無線LANが使えなくなってしまったのがかなり痛いです。

最後にこのクォーターパウンダーのよかった点、悪かった点を○×形式でまとめたいと思います。

味 ○
値段 ○
メニューの豊富さ ×
椅子 ○
BGM ×
全席禁煙 ○
無線LAN ×

もう一度行くかと聞かれたら、「行かない」と答えるでしょう。

僕にとってセットメニューは量が多すぎるし、騒々しい場所は好きではないのです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録