【日記】高熱にうなされた夜

スポンサーリンク

今年2回目の風邪を引きました。
月曜日の午後くらいからなんとなく睡魔が襲ってきて、無理をせずに昼寝をしたのですが、ベッドに入ったとたんに寒気がしてきたのです。
とにかく眠ってしまおうと思い、気がついたら夕方の18時。
この時点でまだ寒気があって、布団に入っていても震えがくらいで、熱を測ってみると37.3度。
普段なら夕食の時間なんだけど、固形物を取る気力がなく、果物なら大丈夫かと思ってキウイとミカンを食べてみました。
食べた後はまた眠くなって震えながら睡眠。
目が覚めたら無茶苦茶気持ち悪くてトイレに行って吐きました。
この後熱を測ってみると38.3度。
これはまさかインフルエンザ・・・
予防接種は受けていないし、ここ10年ほどインフルエンザには感染していないしなどと考えてみるけれども、頭は痛いは首と背中は痛いはでまともな思考ができないほどになっていまいました。
その夜は熱と痛みで10分おきくらいに目が覚めるという長い長い夜になりました。

翌朝近所の病院に行ってみると、インフルエンザではなく風邪という診断。
注射を打ってもらい、薬をもらって帰宅して、また睡眠。
これで熱は下がったものの、まだまだ体の痛みはとれないという状態でした。

翌水曜日。
もう熱は上がることはないけど、やはり体が痛いし、頭はぼーとしているしでまだまだつらい状態でした。
でもこの日締め切りの原稿が1本あってそれを必死にやってみたら、なんと頭が急にすっきりしてきたのです。
背中の痛みは取れてかなり楽になっていまいた。
まだまだ首の痛みが残っていたので、頭を振ったりすると頭痛がするという状態になりました。
とにかく頭さえすっきりしてしまえばあとは横になって回復を待つだけ。
写真集を見たり、軽い小説を読んだり、漫画を読んだりして過ごすことに。

そして今日。
まだ若干首が痛い気がしないでもないので今日もお休みです。
まだ食欲があまりなく、雑炊をちょっとと果物しか食べられないしね。

普段の風邪の場合のどが痛くなって声が出なくなるというパターンなのですが、今回は全く違う症状だったので戸惑いました。
高熱が出るなんて一体何年ぶりなんだとうという感じで、熱には慣れていないのです。
体に痛みが出るのも初めての経験だったしなあ。
熱と痛みで丸2日間無駄に過ごしてしまったのがなんか悔しい感じです。
でも、今はもう大丈夫。
明日から色々動き出すことにしますよ。
まずは確定申告と髪の毛を切ることかな。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録