マウスコンピューターから発売されたWindows PhoneのMADOSMAは楽天モバイルで運用することにした

スポンサーリンク

先日、マウスコンピューターから発売されたWindows PhoneのMADOSMAを購入しました。
マウスコンピューターから発売されたWindows PhoneのMADOSMAをさっそく購入したので開封の儀!(とくとみぶろぐ)

自宅では無線LANに繋げるとして、外出先ではどうするようにしたかと言いますと、楽天モバイルのSIMカードを入れることにしました。
楽天モバイルのイベントに参加して格安SIMについて勉強してきた。さらに1年間楽天モバイルのZenfone5をモニターさせていただきます(とくとみぶろぐ)

3月に楽天モバイルのイベントに参加して、1年間データ料金を無料でモニターさせてもらっているのです。
当初はAndroid端末のZenfone5にSIMカードを差していたわけですが、格安SIMのメリットとして、SIMフリー端末であればどんな端末にでもSIMカードを差して通信ができることにあります(一部制約あり)。
なので、MADOSMAのように楽天モバイルから発売されている端末ではないSIMフリー端末に楽天モバイルのSIMカードを入れても問題ないわけです。
というわけで、今回はMADOSMAで楽天モバイルで通信できるようになったメモをしていきます。

ZenFone 5&1年間のデータ料金を無料でモニター参加できる!

まずはMADOSMAを自宅の無線LANを経由してWindows Phone 8.1 Updateにアップデートしました。
次に「設定」から「携帯ネットワーク+SIM」を選択を開きます。

MADOSMAに楽天モバイルを設定する

「データ接続」をオンにして「SIM設定」を選択。

MADOSMAに楽天モバイルを設定する

Sponsored Link

「携帯ネットワーク接続プロファイル」を選択(このスクリーンショットでは既にRAKUTEN Mobileになってはいますが)。

MADOSMAに楽天モバイルを設定する

すると、様々な通信事業者の名前がずらりと出てきます。

MADOSMAに楽天モバイルを設定する

その一番下を見てください。

MADOSMAに楽天モバイルを設定する

「RAKUTEN Mobile」がありますね。
これを選択して完了です。
その他のMVNOのSIMカードを使う時には、別の会社を選択すればいいだけなので簡単ですね。

僕はしばらくの間、MADOSMAは楽天モバイルで運用していくことにします。
LTE通信ができて、月に3.1GB使えて、SMSなしのデータSIMで月額900円というプランもあります(様々なプランがあるので下記リンクを参照してください)。
僕は無料のモニター期間が終わっても、このプランを契約しようと思っています。

楽天モバイルについての詳細はこちらからどうぞ。

MADOSMAはまだまだネットで買えると思いますよ。
興味がある方はぜひ。

MouseComputer MADOSMA Q501-WH ホワイト WindowsPhone SIMフリー
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録