MADOSMAのファームウェア リビジョン 1.0.0.8が発表されたのでさっそく適用してみた 画面の明るさをさらに暗くできますよ #madosma

スポンサーリンク

マウスコンピューターから発売されたWindows PhoneのMADOSMAのファームウェアアップデートがダウンロードできるようになりました。
mouse computer FAQ – アーカイブページ
バージョンは1.0.0.8ですね。
更新内容は以下のものです。

1.画面の明るさをより暗く出来るように調整しました。「低」の設定値を 33% から 15% に変更しています。
2. 「拡大表示」が標準で「オフ」になるように変更しました。意図しないタイミングで拡大表示になってしまうのを防ぎます。
(適用前に拡大された場合は二本指ダブルタップで元に戻せます)
3. 「バイブレーション」の強度を変更出来るようにしました。より強く、または無効にしていただくことが可能です。
4. PCに接続した際、「不明なデバイス」が表示される場合があるのを修正しました。
5. IIJmio 様のAPN設定を「IPv4/v6」に変更しました。

僕がこれまで気になっていたのは、やはり画面の明るさでした。
暗くできるのであれば大歓迎なので、さっそく更新することにしました。
設定→更新+バックアップ→電話の更新 と進んで「更新プログラムの確認」をしてみると、さっそくダウンロードが始まりました。

MADOSMA

しばらくするとダウンロードが完了するので「インストール」をタップします。

MADOSMA

これはそんなに時間がかからずに終了します。

MADOSMA

Sponsored Link

設定→システム→画面の明るさ を確認してみましょう。

MADOSMA

これまではここが「低」だったのが「中」になっています。
「画面の明るさ」をタップして設定の変更をしてみます。

MADOSMA

レベルの部分をタップすると以下の画面になります。

MADOSMA

ここで「低」をタップして選択すればいいわけですね。

MADOSMA

これで画面がグンと暗くなって目に優しくなりました。

今回のアップデートでバイブレーションの強度も変更できるそうなので、せっかくなので試してみます。
設定→その他→キーナビゲーション と進みます。

MADOSMA

現在の振動レベルは「中」になっているので、その文字上をタップ。

MADOSMA

ここでレベルの変更ができます。

MADOSMA

僕は「低」を選択しました。
ただ、ここで設定変更をすると「電話の再起動」が求められます。

MADOSMA

再起動後ちゃんと設定が変更されていることが確認できました。

MADOSMAの使い勝手がよくなるのは大歓迎です。
これからもどんどんユーザーの意見を取り入れて、いい端末に成長していって欲しいです。

MouseComputer MADOSMA Q501-WH ホワイト WindowsPhone SIMフリー
by カエレバ
スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録