ソニーのXperia Z5を3週間モニターすることになったので、まずは端末の外観のファーストインプレッションをまとめてみた #Xperiaアンバサダー

スポンサーリンク

この記事はXperiaアンバサダープログラムのモニター企画で、Xperia Z5を借りて作成されたものです。ただし、試作機を借りているので実際の製品とは異なる可能性があります。

12月3日(木)に仙台で開催されたXperiaアンバサダーミーティングに参加してきました。
その際にXperia Z5を3週間モニターさせていただくことになりました。
実は僕にとって初めてのXperiaです。
この端末がいったいどんなポテンシャルを持っているのか、体験するのがとても楽しみです。

今回は初めてのXperiaということで、外観のファーストインプレッションをまとめてみようと思います。

SONY Xperia Z5

Xperia Z5の色のラインナップは、ホワイト、グラフィックブラック、ゴールド、グリーンの4種類になります。
今回僕がお借りしたのはホワイトのモデルです。

SONY Xperia Z5

Sponsored Link

ホワイトと言いつつも、ちょっと銀色っぽい感じもします。
ただ、派手派手しい光沢感ではなく、落ち着いた質感がある点が僕は好きですね。

端末のサイドにはXPERIAのロゴが刻印されています。

SONY Xperia Z5

自己主張は激しくないけど、よく見るとXperiaであることの誇りが端末にあるかのようです。
このロゴの左側にSIMカードとmicroSDカードを入れるスロットがあります。

SONY Xperia Z5

SONY Xperia Z5

反対側のサイドには、左から電源ボタン、ボリュームボタン、そしてカメラボタンがあります。

SONY Xperia Z5

電源ボタンには指紋認証センサーも搭載されており、5本の指まで登録することができます。
指紋認証についてはまた後日まとめます。

電源ボタンの位置は端末の中心からやや上にあります。
僕が何も考えずにZ5を左手で持った時に、この電源ボタンの真上に人差し指が来ます。
個人的にはあともう1cm電源ボタンが上だったらなと思いますが、これは慣れですかね。

背面を見てみましょう。

SONY Xperia Z5

約2300万画素、世界最速の0.03秒というオートフォーカス、5倍デジタルズームなどの高性能カメラで撮影される写真がこのレンズから生み出されるわけです。
カメラについてもまた後日お話します。

端末の下部にはmicroUSBポート、上部にはオーディオジャックがあります。

SONY Xperia Z5

SONY Xperia Z5

家族が旧モデルのXperiaを使っているのですが、USBケーブルを繋げて端末を充電する時にUSBポートのカバーを開け閉めするのが面倒だなと思って見ていました。
それがZ5からは解消されて、開いていても防水対応になったのですね。
これはだいぶ楽ですよね。

Xperia Z5の外観をぐるりと周ってチェックしてみました。

SONY Xperia Z5

印象をまとめてみると、どんな場所で出しても違和感がないデザインだと思いました。
仕事場でも、学校でも、プライベートでもあらゆる場所に溶け込むことができるデザインに感じます。
何より、落ち着いた大人の質感があるように思えました。
僕は、結構好きですよ、この感じ。
Xperia Z5の角の処理は、割りとエッジを残しているように感じました。
角があることで、そこが手のひらと指に当たって、しっかりとホールドできるような気がします。
といったところで、Xperia Z5についてのファーストインプレッションについてのまとめは終わります。

・Xperia Z5シリーズ情報

Xperia Z5シリーズはキャリアによって販売されている機種が異なります。

ドコモ
Z5 Premium
Z5
Z5 Compact

ソフトバンク
Z5

au
Z5

Xperiaアンバサダーのブログ記事などはこちらにまとめられています。
ユーザー目線の記事をぜひご確認ください。
Xperia™アンバサダーサロン|ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperiaユーザーの動画CM「だから私は、Xperia。」もなかなかおもしろいですよ。
Xperia FILE|Sony Mobile Communications

Xperiaアンバサダーサロン公式ツイッターアカウントもぜひフォローしてください。
https://twitter.com/Xperia_ Salon

ソニーモバイルコミュニケーションズについての詳細は公式ウェブサイトからどうぞ。
ソニーモバイルコミュニケーションズ|Sony Mobile Communications

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録