海老取川に架かる繋がっていない橋!?羽田可動橋を川の上から眺めてみた 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その6

スポンサーリンク

5月31日。
羽田旅客サービスが主催する船運社会実験の「京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ」に参加してきました。
(水道橋発→羽田空港行き)京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ | HPS 羽田旅客サービス株式会社
前回までに日本橋川、神田川、隅田川、京浜運河の景色を紹介していきました。
今回は京浜運河から海老取川に入るところにあるこの不思議な橋を紹介します。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

まずは場所の確認から行きましょうかね。

東京モノレールに沿って京浜運河を北から南に進んでいきました。
この京浜運河は羽田空港の敷地にぶつかり、さらに南に向かう水路が分岐しています。
これが海老取川だそうです。
最終的には多摩川に流れ込んでいますね。

それでは京浜運河から海老取川に入っていくことにしましょう。
これが今回テーマとなる謎の橋です。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

Sponsored Link

完全に分断されて、左右の2つがあらぬ方向を向いてしまっています。
どんどん近づいていってみましょう。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

工事中にしては何か作業をやっているようには見えません。
こちらの橋は羽田可動橋というものなのだそうです。
1990年に首都高羽田線の上り線として運用開始されたそうで、海老取川沿いにある工場に発着する大型船のためにこのような可動橋になったようです。
勝鬨橋は中央部が上に上がりましたが、この羽田可動橋はこのように橋が回転して航路を確保する仕組みだったのですね。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

せっかくなので動いているところも見てみたいなと思ったのですが、実は1998年に使用停止となってしまったとのことです。
現在は橋が開いたままとの姿となって残っているのですよ。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

Google Earthでも橋が開いている様子が写っていますね。

今回は海老取川からこの羽田可動橋を眺めてみましたが、陸側からももちろん見られるようです。
今度実際に見に行ってみようと思っています。

それでは船旅もいよいよラストスパートになってきました。
次回は海老取川から多摩川へと抜けて、ゴール地点の羽田空港船着場までの眺めを紹介します。
続く。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅
神田川や日本橋川に架かる橋をくぐる時の橋と船の天井のすれすれ感がたまらない! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その1
お茶の水橋から和泉橋までの神田川の風景 丸ノ内線が走行する様子も見えた!(動画あり) 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その2
神田川に係留されている屋形船にぶつからないように船を運行させる秘密兵器とは!? 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その3
勝鬨橋などの巨大な橋をくぐる広々とした隅田川行く! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その4
京浜運河は東京モノレールと並走する最高の撮り鉄スポット! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その5
海老取川に架かる繋がっていない橋!?羽田可動橋を川の上から眺めてみた 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その6←今ここ
海老取川から多摩川に出て、いよいよゴール地点の羽田空港船着場へ到着! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その7(最終回)

写真はNikon D610+Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Asphericalで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録