京浜運河は東京モノレールと並走する最高の撮り鉄スポット! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その5

スポンサーリンク

5月31日。
羽田旅客サービスが主催する船運社会実験の「京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ」に参加してきました。
(水道橋発→羽田空港行き)京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ | HPS 羽田旅客サービス株式会社
前回までに日本橋川、神田川、隅田川の景色を紹介していきました。
今回は京浜運河に入っていきます。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

京浜運河は東京モノレールに乗っている時に見える水路です。
自然の川ではなくでは人工の運河なのですよね。
この京浜運河にもたくさんの橋が架かっているので順に見ていくことにしましょう。
まずは港南大橋です。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

Sponsored Link

この橋はまあ普通の橋ですが、その次の橋が大きな見どころとなります。
こちらの鉄橋です。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

これは新幹線の鉄橋です。
ただ、旅客営業線ではなくて車庫へと通じている線路の鉄橋なのですよ。
タイミングが合えば運河から新幹線を頭上に見るなんてこともできるのでしょうが、残念ながらこの日は見られませんでした。

それではどんどん運河を進みましょう。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

先ほど東京モノレールに乗っていると見えるのが京浜運河と言いましたが、こんな感じで運河のすぐ横にモノレールの線路があります。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

数分ごとにモノレールは通るので、運河からのシャッターチャンスは何度もあります。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

鉄道好きな僕としては最高の眺めが連続するので大興奮ですよ。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

その間に橋を何度も通過していきます。
こちらは大井第二号水道管橋。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

人や車が通るのではなく、水を通すための橋ですね。

今度は首都高の八潮連結路と八潮橋。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

またまたモノレールが横を通り過ぎます。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

次はかもめ橋。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

勝島橋。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

今度はちょっと遠目にモノレール。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

新平和橋。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

(この間何本かの橋を撮り逃して)京和橋。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

この京和橋を過ぎると広々とした場所に出ます。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

ここまで来ると羽田空港を発着する飛行機が見えるようになってきますよ。
ここから海老取川に入っていくことになるのですが、その入口に面白い橋が見えてきました。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ 2016年5月31日

工事中の橋?
次回はこの橋の秘密についてお話します。
続く。

京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅
神田川や日本橋川に架かる橋をくぐる時の橋と船の天井のすれすれ感がたまらない! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その1
お茶の水橋から和泉橋までの神田川の風景 丸ノ内線が走行する様子も見えた!(動画あり) 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その2
神田川に係留されている屋形船にぶつからないように船を運行させる秘密兵器とは!? 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その3
勝鬨橋などの巨大な橋をくぐる広々とした隅田川行く! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その4
京浜運河は東京モノレールと並走する最高の撮り鉄スポット! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その5←今ここ
海老取川に架かる繋がっていない橋!?羽田可動橋を川の上から眺めてみた 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その6
海老取川から多摩川に出て、いよいよゴール地点の羽田空港船着場へ到着! 『京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズの旅』 その7(最終回)

写真はNikon D610+Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Asphericalで撮影しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録