チェコのプルゼニュで路面電車を撮影三昧!トロリーバスも走っているよ! #visitCzech #チェコへ行こう #link_cz #plzen #プルゼニュ

スポンサーリンク

チェコ共和国プルゼニュ(Plzeň)という街に行ってきました。
初めて訪れたこの街は路面電車好きにはたまらない場所だったのですよ!

チェコへ行こう! day1

そもそもチェコってどこにあるのって思いますよね。
実は僕もチェコ行きが決まるまで具体的にどこにあるのかよくわかっていませんでした。
東欧だろうというイメージくらいです。
それでは地図を確認してみましょう。

Sponsored Link

チェコは東にスロバキア、北にポーランド、西にドイツ、南にオーストリアに囲まれた国です。
プルゼニュはチェコの西部にある街です。

チェコに入ったのはプラハ空港で、そこからバスでプルゼニュに向かいました。
街に入ったところで奇妙な電線が道路上に見えたのですよ。

チェコへ行こう! day1

路面電車かと思いきや、道路上に線路は見えませんよね。
これはもしや・・・。

チェコへ行こう! day1

トロリーバス!
電気を使って走行するバスです。
車体から電線に向かってポールが出ているのがわかるでしょうか。
実は僕はトロリーバスを見るのは初めてだったのでこの時点で大興奮でした。
街を散策した時にも何度となくトロリーバスの姿をこの目にしました。

チェコへ行こう! day1

トロリーバス同士のすれ違いシーンも。

チェコへ行こう! day1

右側に向かっているのは全体は写ってはいませんが連接車ですね。

さてさて、話が路面電車からトロリーバスにそれていきましたので元に戻しましょう。
プルゼニュの町にはとにかく頻繁に路面電車が行き来しているのです。

チェコへ行こう! day1

撮りたいシーンがあったとしたら、ちょっと待つだけで車両が来てくれるのでとても撮りやすいですよ。
ちょっと古めの車両のデザインが可愛らしいのですよね。

チェコへ行こう! day1

新型の車両はスタイリッシュです。

チェコへ行こう! day1

電停は歩道と同じ高さというのも特徴ですかね。

チェコへ行こう! day1

そんな路面電車が石畳の町並み、教会がある風景、おとぎ話に出てくるような建物のすぐ近くを走っているのです。
どこで撮っても絵になるのが困っちゃうくらいです。

チェコへ行こう! day1

チェコへ行こう! day1

大通りに出ると路面電車の線路の両サイドに車道があるので撮影が難しくなります。
電停に停車中に撮るのが吉ですかね。

チェコへ行こう! day1

ちなみに撮影しているのは平日の昼間です。
この時間帯でも路面電車の利用者が多いのに驚かされます。
この通り沿いではやっぱり撮るのは難しいですね。

チェコへ行こう! day1

来た!と思っても車と被ってしまいます。

チェコへ行こう! day1

そういう時は細い道を走っている列車を狙えばいいでしょう。

チェコへ行こう! day1

日没後もまだまだ路面電車の撮影タイムは続きます。
ライトに照らされた石畳がいい感じです。

チェコへ行こう! day1

クリスマスマーケットのイルミネーションをバックに流し撮りをしてみました。

チェコへ行こう! day1

こんな感じでプルゼニュの街で路面電車撮影をしたのですが、実はこれらはブロガーツアーで大勢で街を歩いている最中に撮影した写真です。
鉄道撮影を目的としているのではなく観光で歩いている途中で隙きを見つけて撮影したものなのですよ。
そんな状況でもこれだけ撮れちゃうのですからプルゼニュの街が路面電車撮影にとってどれだフォトジェニックな場所なのかわかるのではないかと思います。
路面電車好きならば撮影のためだけにプルゼニュを訪れても十分すぎるほど楽しめますよ。
しかもトロリーバスも走っていますしね。
場所によっては路面電車とトロリーバスを一緒に撮ることも可能ですよ。

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録