エプソンのホームプロジェクター EH-TW5650Sを写真展会場で使用した感想 #エプソンのホームプロジェクター #dreamio

スポンサーリンク

ただいまエプソンのホームプロジェクター EH-TW5650Sをモニターさせていただいております。これまでプロジェクターについての説明会と自宅での設置の状況についてレポートしました。
エプソンのホームプロジェクターについてのイベントでプロジェクター選びのポイントを勉強してきた #エプソンのホームプロジェクター #dreamio | とくとみぶろぐ
エプソンのホームプロジェクターのEH-TW5650Sを自宅に設置してみたら、その映像のあまりの美しさに感動しっぱなし! #エプソンのホームプロジェクター #dreamio | とくとみぶろぐ

自宅ではAmazonプライム・ビデオやdTVで海外ドラマなどをプロジェクター投影して見たり、自分で撮影した写真や動画を投影しました。そこで驚いたのは何と言っても映像の美しさです。プロジェクターってどうしても映像の綺麗さという点では目をつぶって、大きく見えることがいいのだというイメージがありましたが、それが完全に覆されました。そうなると個人的に楽しむだけでなく、もっとたくさんの人と一緒に映像を見てみたいという欲求が出てくるわけで、先日、グランシップトレインフェスタ2018という鉄道イベントの中で七鉄の会写真展が開催され、その中でEH-TW5650Sを利用して壁面に写真や動画を投影してみました。

プロジェクターの設置

まずはプロジェクターをどのように設置したのか見てみましょう。広い会場のど真ん中に置いて壁に直接投影してみました。

P1020169c

映像の両脇には写真が展示されています。もちろんプロジェクターの背後にも写真の展示があります。

P1020187c

プロジェクターの映像を中心としてぐるりと部屋を写真が囲んでいるというイメージです。

Sponsored Link

モバイルスクリーンは設置せず

実は今回はEH-TW5650Sに付属しているモバイルスクリーンを東京から静岡まで担いでいきました。「モバイル」とは言うものの、さすがに重たかったです(笑)

しかし、写真展会場は不特定多数の人々が出入りする空間でありますので、ちょっとでもぶつかったら位置がずれてしまうモバイルスクリーンは適切でないと判断しました。視認性は薄れるものの、安全性を考慮して壁に直接投影することにしました。

USBメモリーとPCからの投影

次はどのように映像を投影したのかを見てみましょう。まずはUSBメモリーをプロジェクター本体にせして、ファイルをスライドショーさせるという方法です。

P1020172c

事前にUSBメモリーの中にファイルを入れておきさえすれば手軽に投影できます。ただし、この方法にはひとつ弱点がありました。写真は投影できましたが、動画ファイルはスキップされてしまったのですよ。

そこで代替プランとしてあらかじめ考えていたPCとの接続を試みました。

P1020175c

これならば写真と動画ファイルを混ぜたスライドショーが可能でした。ちなみに、PC画面をプロジェクター投影するときは拡張設定にしてあります。これだと、PCの画面でブログの執筆作業をしながらプロジェクターの方でスライドショーを展開するということが可能です。

プロジェクター投影していた感想

さて、実際に写真展内でEH-TW5650Sを使用してみた感想です。今回は明るく大きな部屋でのプロジェクター投影となりました。従って、自宅である程度の暗さを確保した状況とは全く異なります。それにもかかわらず、僕の目で見た印象ではやや暗い感じはありましたが、それでもきれいな映像を見せることができたと思います。僕はタイの鉄道旅の写真を展示して、プロジェクターでは同じくタイの写真及び動画を投影しました。これらを合わせてタイの雰囲気をより感じていただけるようにしたわけです。実際展示を見に来てくださった方も動画などに見入っていて、「これってあの市場ですよね」などと話しかけてくださいました。明るい場所の展示でプロジェクターを使うってのも大いに「あり」だと感じました。

まとめ

モニター中のEH-TW5650Sを自宅ではなく写真展会場で使用してみました。明るい映像は写真をよりよく見せるための照明の中でも十分に映えていたと思います。写真展に来られた方にとっても写真以外の楽しみを感じてもらえたのではないでしょうか。特に写真では伝えられない動画の魅力はきっとあったと思います。これから写真展を実施する時にはまたプロジェクターを用いて写真や動画の投影をやってみたいと思います。

エプソンのホームプロジェクター dreamioシリーズにつての詳細はこちらから。
ホームプロジェクター | 製品情報 | エプソン

今回モニターしている EH-TW5650S についての詳細はこちらから。

エプソン 3D対応フルハイビジョンホームシアタープロジェクター(80型モバイルスクリーンセットモデル)dreamio(ドリーミオ) EH-TW5650S
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録