茨城県神栖市の木内製菓で作られている塩まき巻餅が最高に美味しい!

スポンサーリンク

先日近所のスーパーの入口に大量に山積みされていた商品がとても気になりました。僕はもともと甘い物好きで、和菓子も大好きです。そんな僕の意識から離れなかったものがこちら。

荒川区情報

木内製菓の塩あん巻餅です。「水内」かと思ったのですが、「木内」です。Googleで「水内製菓」で検索しても「木内製菓」をトップに出してくるので間違いありません。

そんな木内製菓は実は明治34年(1901年)に創業した和菓子メーカーです。100年以上の歴史があるお店なわけですね。伝統的なおだんご、季節の味であるさくら餅、こだわりの原材料の北海あずきおはぎなど多種多様な製品があります。会社は茨城県の神栖市にあります。そう、僕が大好きな茨城県です。ただ、神栖市はまだ訪れたことがありませんで、この木内製菓も知りませんでした。神栖で製造した和菓子を関東一円に日配しているのだそうですよ。今回目にした塩あん巻餅もそのひとつというわけですね。

それではいただきましょうかね。

荒川区情報

パッケージの蓋を開けると白いお餅が4つ入っています。そのうちのひとつを取り出してみました。

荒川区情報

あんこを中心としたみごとな巻餅です。この見た目からした美味しそうです。実際に食べてみると、お餅にはほんのり塩っ気が入っていて、お餅単体でも十分美味しいです。しかし、そこにあんこが加わることで、その塩っ気によって甘さがさらに引き立てられるのですよ。想像以上のうまさでした。

実は1個食べてみてあまりに美味しかったから、その翌日にもう2個買っちゃったくらいです。しかしその後入荷されていないので、レギュラー商品ではないようです。もしレギュラーだったら毎週のように買っちゃうんだけどなあ。木内製菓のウェブサイトを見ても商品紹介に入っていないので、詳細がよくわからないのが残念です。
トップページ|木内製菓 明治34年創業 茨城県 神栖市

上記サイトをみていたところ、和菓子女子会なる文言がありました。
和菓子女子会|木内製菓 明治34年創業 茨城県 神栖市

何だかものすごく楽しそうな会だなと思って見てみたら、女子社員へのインタビュー記事でした(笑)きっと僕のように勘違いして見る人が多いのではないかな。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録