冬と秋が混在する不忍池の畔

スポンサーリンク

本日上野にぷらっと散歩に行ってきました。

今年は「上野強化年間」として上野にたくさん遊びに行こうと決めていたけど、結局今のところ6,7回くらいしか行っていないかも。

これから年末にかけてアメ横に買い物に行くことが出てくるだろうから、回数自体はもう少し増えるかな。

さてさて、今日は不忍池を見てきました。

池の蓮はすっかり枯れていて、見た目はもう冬です。

冬はこういう寂しい景色が広がるから、この季節の不忍池はあんまり好きじゃないかも。

でも池の畔の紅葉は紅くなり、銀杏は黄色で鮮やかになっていました。

木々にはまだまだ秋らしさが残っています。

しかし地面を見てみると、

黄色の絨毯が広がって、秋が終わりに近いことを感じさせていました。

今日は上野公園の中には入らなかったけど、きっと不忍池とはまた違う光景が広がっていたかもしれません。

次は完全に季節が変わった頃に行ってみようかな。

写真は携帯電話F905iで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録