プラハで大勢で一緒に宿泊するならモザイクハウスのペントハウスがお勧め! #visitCzech #link_cz #チェコへ行こう #wearemosaic

スポンサーリンク

2016年12月にチェコへ行ったのはチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加してでした。
この旅にはブロガーが複数人参加したわけで、基本的に宿泊は一人1室でしたが、プラハでの宿泊では複数人でペントハウスに宿泊しました。

チェコへ行こう! day3

このホテルはモザイクハウスです。
実はこの前日には一人で一室を使わせてもらっていました。
プラハの中心街にあり観光に最適なモザイクハウスに宿泊してみた #visitCzech #link_cz #チェコに行こう #wearemosaic | とくとみぶろぐ

ただ、12月は観光シーズンということで2日連続普通の部屋が確保できずに、仕方なく何名かが別の建物にあるペントハウスに宿泊することになったのです。
モザイクハウスの本館はいかにもホテルといった感じの建物ですが、ペントハウスが入っている建物は見た目はごく普通です。
まあ、普通と言ってもプラハの街中ではということではありますけどね。
この左側に写っているのがそれです。

チェコへ行こう! day4

Sponsored Link

このペントハウスはやたらと豪華なものでした。
ベットルームが3部屋、ダイニングキッチン、リビングルーム、バスルームが2つ、シャワールームがひとつ、そして屋根裏部屋みたいのが1つです。
まずはダイニングキッチンから。

チェコへ行こう! day3

調味料はないけど、食器類はありました。
このテーブルで食事をするというわけですね。

チェコへ行こう! day3

リビングがこちら。

チェコへ行こう! day3

フカフカのソファとクッションがあります。
いざとなったらここで寝てもいいくらいです。
次は寝室です。

チェコへ行こう! day3

2人部屋が3つあります。

チェコへ行こう! day3

チェコへ行こう! day3

このようなペントハウスに7人で宿泊しました。
ここであれ?って思いますよね。
ベッドは6つなのに7人で泊まったのです。
残る一人はこの階段の上にある屋根裏部屋のようなところが宿泊スペースとなりました。

チェコへ行こう! day3

この残る一人というのが僕だったのですけどね(笑)
折りたたみ式のベッドやテレビまであって意外に快適なスペースだったのですよ。

チェコへ行こう! day3

この部屋からはリビングやダイニングを見下ろすことができるのが気持ちがいいですよ。

チェコへ行こう! day3

さらにこのスペースからはバルコニーに出ることもできまして、そこからはライトアップされたプラハ城を眺めることができたのです!

チェコへ行こう! day3

このような部屋に男性3人、女性4人の計7人で宿泊しました。
何かの番組みたいですね(笑)
朝食については前日宿泊したモザイクハウスの本館でビュッフェ形式です。
詳しくはこちらから。
→→プラハの中心街にあり観光に最適なモザイクハウスに宿泊してみた #visitCzech #link_cz #チェコに行こう #wearemosaic | とくとみぶろぐ

もし大勢でプラハに行くならばこんなペントハウスなんていかがでしょうか。
夜はみんなでわいわいと過ごすことができて最高に楽しいですよ。
ぜひ宿泊の参考にしてください。

このモザイクハウスはプラハの街の中心部にあるので観光には最適な場所です。
プラハでの宿泊の際はぜひ選択肢のひとつにしてみてください。
詳細はこちらから。
ホテル モザイクハウス – Booking.com

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録