写真 旅日記 鉄道

那覇空港に降り立ったら、そこは大雨だった 沖縄・渡名喜島への旅 その1

投稿日:2012年12月30日 更新日:

とくとみぶろぐ


スポンサーリンク


ひょんなことから沖縄に行くことになりました。
メインは那覇からフェリーで約2時間という離島の渡名喜島です。
島に空港はないので飛行機では行けず、島に渡るには1日1便のフェリーが唯一の手段となります。
この旅に行くきっかけとなったのはおくなわ 離島ガイド・プロジェクトのモニターツアーに当選したからでした。
おくなわとは粟国島、渡名喜島、北大東島、南大東島、多良間島の5島からなる「沖縄の奥、奥の島」ということで名付けられたものです。
そのうちのひとつである渡名喜島にモニターとして遊びに行くことになったのです。

今回の予定は以下のものです。

12月5日
ANA131便 羽田11:10-那覇14:00
宿泊 ホテルオーシャン

12月6日
那覇泊港8:30-渡名喜港11:00
宿泊 ふくぎ屋

12月8日
渡名喜港10:15-那覇泊港12:30
ANA136便 那覇19:20-羽田21:30

初日は那覇に宿泊して次の日の朝に渡名喜島に渡り、2日間過ごすというものです。
旅程は全て旅行会社のアリーズカンパニーが手配してくれたので、特に何も考えずにこの流れに乗ってしまえばいいわけです。
それでは、一体どんな旅になったのかをこれから何回かに分けてレポートしていこうと思います。

12月5日。
朝の羽田空港はこれから沖縄に修学旅行に行こうという高校生たちで溢れかえっていました。

実際僕が乗った飛行機にも修学旅行生だらけで、離陸の際にはみんな大騒ぎでしたよ。
しかし、騒がしかったのはそこだけで後はみんな静かにしていました。
飛行機は11:10羽田発だったので機内で昼食にします。
羽田空港内で購入した肉の北島のメンチカツサンドです。


(Galaxy Note SC-05Dで撮影)

飛行機内で地元の食べ物を食べられるとは思いもよりませんでした(笑)
食後は睡眠タイムです。
これからたっぷり那覇を楽しもうというわけですから休息は必要ですよね。
で、那覇に到着。

大雨でした。
那覇到着は14時だったので、まだまだ日没までたっぷり遊べるはずだったけど、この雨では動きに制限が出てしまいます。

でも天気は自分で制御できないものですからこればっかりはどうしようもありません。
雨でも対応できる範囲で那覇を楽しむことにします。

荷物を受け取って外に出てみるとこんな熱帯魚が出迎えてくれます。

南国に来たなという実感がふつふつと湧いてきます。
空港のからゆいレールの那覇空港駅へと向かいました。

雨が降っているのは変わりません。
気温は20度くらいで、長袖Tシャツ1枚で十分なくらいでした。
ちなみに、この那覇空港駅は日本最西端の駅だそうです。

ここで購入したのは沖縄都市モノレールの一日乗車券です。

通常の一日乗車券は購入した当日に乗り降りが自由になるというものですが、ゆいレールの場合は使用開始から24時間使えるというものなのです。
この日は15時を過ぎてから使い始めたので、翌日の16時まで。
24時間を過ぎているのは端数を切り上げてくれているからです。
ま、でも翌日は渡名喜島に渡ってしまうので僕はこの24時間利用可能という恩恵にはあずからないのですけれどもね。

ホームに行きこの2両編成のモノレールに乗り込むことにします。

雨に濡れた全面部分にはゆいレールのかわいらしいロゴが描かれていました。

このモノレールが出発する前に那覇空港駅に入ってくるモノレールを撮影。

これは首里城のラッピングが施されたものですね。
それではモノレールの出発時間となりましたので、まずは那覇での午後を楽しみたいと思います。
次回に続く。

沖縄・渡名喜島への旅まとめ
那覇空港に降り立ったら、そこは大雨だった 沖縄・渡名喜島への旅 その1←今ここ
那覇のホテルオーシャンで第一ネコに出会う 沖縄・渡名喜島への旅 その2
雨の中ゆいレールの首里駅周辺の散策をしてみる 沖縄・渡名喜島への旅 その3
国際通り沿いのとぅばらーまでの沖縄料理とりっかりっか湯での温泉を楽しむ 沖縄・渡名喜島への旅 その4
意気揚々と渡名喜島への船に乗るために行ったフェリーターミナルで待ち受けていた現実とは! 沖縄・渡名喜島への旅 その5
那覇路地裏散歩を開始するとネコ通りに迷い込む 沖縄・渡名喜島への旅 その6
那覇の町中で見つけた井戸ポンプ2つ 沖縄・渡名喜島への旅 その7
那覇の路地裏で2匹のモデルネコをたっぷり撮影する 沖縄・渡名喜島への旅 その8
壺屋やちむん通り沿いで井戸ポンプを2つ発見する 沖縄・渡名喜島への旅 その9
琉球茶房あしびうなぁでてびちそばを食す 沖縄・渡名喜島への旅 その10
沖縄観光と言えばここ!首里城をたっぷり見学する 沖縄・渡名喜島への旅 その11
首里城がある山の斜面に造られた首里金城町石畳道を歩く 沖縄・渡名喜島への旅 その12
金城ダムと首里の町で出会った最高に美人さんなネコ 沖縄・渡名喜島への旅 その13
国際通りから一本入った路地裏で出会ったネコと井戸 沖縄・渡名喜島への旅 その14
那覇の第一牧志公設市場見学とあんまー家でのゴーヤ炒飯 沖縄・渡名喜島への旅 その15
とまりんフェリーターミナルから渡名喜島へ向けてのフェリーに乗船する 沖縄・渡名喜島への旅 その16
空と海の青さの中で光る渡名喜島についに上陸する! 沖縄・渡名喜島への旅 その17
渡名喜島での移動手段は小さな小さな電気自動車! 沖縄・渡名喜島への旅 その18
渡名喜島の青く美しい浜を散策する 沖縄・渡名喜島への旅 その19
渡名喜島のネコ撮影は一筋縄ではいきません 沖縄・渡名喜島への旅 その20
渡名喜島の大本田展望台からサンゴ礁に囲まれた入砂島を望む 沖縄・渡名喜島への旅 その21
渡名喜島の緑豊かな島尻毛遊歩道を散策する 沖縄・渡名喜島への旅 その22
渡名喜島の海へと沈む美しい夕日をたっぷりとお見せします! 沖縄・渡名喜島への旅 その23
渡名喜島で見た満天の星空は一生忘れないものになるでしょう 沖縄・渡名喜島への旅 その24
渡名喜島の静かな朝の空気を味わう 沖縄・渡名喜島への旅 その25
渡名喜島の美しい海を一望できるサカシ散策道を歩く 沖縄・渡名喜島への旅 その26
渡名喜島を離れて再び那覇へ 沖縄・渡名喜島への旅 その27
那覇路地裏散歩の最後は井戸ポンプとネコで締める 沖縄・渡名喜島への旅 その28(最終回)

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVR及びNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRで撮影したものです。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです! twitter、Feedly、Facebookでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

-写真, 旅日記, 鉄道
-, , ,

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D750とNikon 1 J5で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix
とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。
​チェコ政府観光局とLinkトラベラーズの企画でチェコへ招待されました!
チェコへ行こう!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


フィードメーター - とくとみぶろぐ

ブログタイムズ
写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム