首里城がある山の斜面に造られた首里金城町石畳道を歩く 沖縄・渡名喜島への旅 その12

スポンサーリンク

12月6日。
おくなわ 離島ガイド・プロジェクトのモニターツアーへ当選した僕は渡名喜島に行くフェリーに乗る予定だったのですが欠航。。。
急遽予定を変更して那覇路地裏散歩を楽しんだ後、首里城から首里金城町石畳道へと移動します。
首里城がある山の斜面に造られた石畳の階段道路がこの石畳道です。

緑と沖縄風家屋に囲まれたなかなかに風情がある道です。

途中に地図があったので眺めてみると、カフェや井戸もあるようです。

以前にもお話しましたが、沖縄では井戸のことを「川(ガー、ヌカー)」と言います。
この道沿いの井戸はまた後程紹介しますね。
山の斜面にあるだけあって、とにかく眺めが良い道です。

見上げるとパパイヤの実が成っている木もあります。

あ、ここにも石敢當を発見!

沖縄の町にはいたるところに魔除けの石敢當がありますね。
シーサーはもちろんのこと、この石敢當の造りの個性にも注目したいところです。

ちょっと横道に入って行きましょう。

森の中にはこんな霊石と書かれた石もありました。

その近くには拝所もあります。

石畳道に戻ると、その中ほどに無料の休憩所がありました。

思わず畳敷きの部屋にゴロンと横になってしまいます。

戸は全部開け放たれているので風通しが良くて気持ちがいいのですよ。
この隣にあるのが

金城大樋川です。
先程もお話した通り、「川」は井戸のことです。
この水は石畳の道と大いに関係してくるのですよ。
石畳の道にはこんな風にたくさんの溝があります。

この溝を通って雨水が斜面を下り、先ほどの川に雨水が集まってくるのだそうです。
景観を目的として石畳が造られたのではなく、生活上の実用性という観点から造られたのですね。
そんな話を無料休憩所の近くで木の枝の伐採をしていたおじさんが話してくれました。

石畳の道を完全に下りきった谷の部分には本物の川が流れていました。

水をこの川まで汲みに来るのは本当に大変なことなので、雨水を利用した「川」はこの山に住む人々にとって重要な役割を担っていたのだということを実感できます。

この川のそばには子猫もいましたよ。

次回は石畳の道からゆいレールの首里駅へと向かう道中を紹介いたします。

沖縄・渡名喜島への旅まとめ
那覇空港に降り立ったら、そこは大雨だった 沖縄・渡名喜島への旅 その1
那覇のホテルオーシャンで第一ネコに出会う 沖縄・渡名喜島への旅 その2
雨の中ゆいレールの首里駅周辺の散策をしてみる 沖縄・渡名喜島への旅 その3
国際通り沿いのとぅばらーまでの沖縄料理とりっかりっか湯での温泉を楽しむ 沖縄・渡名喜島への旅 その4
意気揚々と渡名喜島への船に乗るために行ったフェリーターミナルで待ち受けていた現実とは! 沖縄・渡名喜島への旅 その5
那覇路地裏散歩を開始するとネコ通りに迷い込む 沖縄・渡名喜島への旅 その6
那覇の町中で見つけた井戸ポンプ2つ 沖縄・渡名喜島への旅 その7
那覇の路地裏で2匹のモデルネコをたっぷり撮影する 沖縄・渡名喜島への旅 その8
壺屋やちむん通り沿いで井戸ポンプを2つ発見する 沖縄・渡名喜島への旅 その9
琉球茶房あしびうなぁでてびちそばを食す 沖縄・渡名喜島への旅 その10
沖縄観光と言えばここ!首里城をたっぷり見学する 沖縄・渡名喜島への旅 その11
首里城がある山の斜面に造られた首里金城町石畳道を歩く 沖縄・渡名喜島への旅 その12←今ここ
金城ダムと首里の町で出会った最高に美人さんなネコ 沖縄・渡名喜島への旅 その13
国際通りから一本入った路地裏で出会ったネコと井戸 沖縄・渡名喜島への旅 その14
那覇の第一牧志公設市場見学とあんまー家でのゴーヤ炒飯 沖縄・渡名喜島への旅 その15
とまりんフェリーターミナルから渡名喜島へ向けてのフェリーに乗船する 沖縄・渡名喜島への旅 その16
空と海の青さの中で光る渡名喜島についに上陸する! 沖縄・渡名喜島への旅 その17
渡名喜島での移動手段は小さな小さな電気自動車! 沖縄・渡名喜島への旅 その18
渡名喜島の青く美しい浜を散策する 沖縄・渡名喜島への旅 その19
渡名喜島のネコ撮影は一筋縄ではいきません 沖縄・渡名喜島への旅 その20
渡名喜島の大本田展望台からサンゴ礁に囲まれた入砂島を望む 沖縄・渡名喜島への旅 その21
渡名喜島の緑豊かな島尻毛遊歩道を散策する 沖縄・渡名喜島への旅 その22
渡名喜島の海へと沈む美しい夕日をたっぷりとお見せします! 沖縄・渡名喜島への旅 その23
渡名喜島で見た満天の星空は一生忘れないものになるでしょう 沖縄・渡名喜島への旅 その24
渡名喜島の静かな朝の空気を味わう 沖縄・渡名喜島への旅 その25
渡名喜島の美しい海を一望できるサカシ散策道を歩く 沖縄・渡名喜島への旅 その26
渡名喜島を離れて再び那覇へ 沖縄・渡名喜島への旅 その27
那覇路地裏散歩の最後は井戸ポンプとネコで締める 沖縄・渡名喜島への旅 その28(最終回)

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR AFSDX18105GEDVRで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録