Nikon COOLPIX P900で広角24mmから超望遠の2000mmまで一台のカメラで捉える驚異の世界を体感してみた!


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

1台で広角から超望遠までを楽しむことができるNikon COOLPIX P900を数日間モニターさせていただきました。
これがかなりの望遠能力があるので、普段僕が使用しているカメラとは全く異なる次元で撮影することができました。

Nikon COOLPIX P900

まずはカメラについて見てくいくことにしましょう。
こちらがカメラの外観です。

Nikon COOLPIX P900

Sponsored Link

ボディとレンズの一体型のコンパクトデジタルカメラです。
コンパクトとは言うものの、手のひらよりもちょっと大きいサイズなので、小さめな一眼レフカメラを持ち歩くというイメージですかね。
簡単にスペックをまとめてみます。

有効画素数:1605万画素
撮像素子 :1/2.3型原色CMOS
焦点距離 :4.3-357mm(35mm換算24-2000mm相当)
開放F値  :2.8-6.5
記録媒体 :SD/SDHC/SDXCメモリーカード

本体サイズは結構大きいですが、撮像素子は小さめですね。
レンズはかなり大き目です。

Nikon COOLPIX P900

背面液晶はバリアングル式なので、ファインダーを使いにくいどんなシーンでも対応できそうです。

Nikon COOLPIX P900

それでは、このカメラでどんな写真が撮影できるのか見ていきましょう。
まずは鉄道写真からいってみます。
都電荒川線の撮影でテストしてみました。
最初に最も広角域で撮った場合はこのような感じになります。

Nikon COOLPIX P900

35mm換算で24mm相当ですね。
ここから少しズームしてみます。

Nikon COOLPIX P900

さらにズームさせて、35mm相当で2000mmまでいってみます。

Nikon COOLPIX P900

この3枚は全く同じ場所から撮影しているのですよ。
最初のほうでお話したように、P900はボティとレンズは一体型なのでレンズ交換もしていません。
広角と望遠で全然違うレンズで撮影したように見えますよね。
同じ場所でさらにレンズを上の方に向けて東京スカイツリーを撮ってみます。

Nikon COOLPIX P900

肉眼ではこんな風には絶対見えませんよね。
展望台にいる人影まで見えちゃいます。
このカメラ、分類としてはコンパクトですが、全く侮れません。

次は場所を変えてみます。
まずは換算24mmで。

Nikon COOLPIX P900

同じ位置からの撮影をしていきます。
ただし、この換算24mmが時間軸では後の話で、次から時間を遡ります。画面中央付近に電停が見えると思います。
次からはそこに停車中の都電を撮ったものです。
グイッとズームで。

Nikon COOLPIX P900

さらに最大ズームで換算2000mm。

Nikon COOLPIX P900

こうして並べてみても最初と最後の一枚が同じ場所から撮ったとはイメージできません。

都電でもう一例あげてみます。
最初は換算24mm。

Nikon COOLPIX P900

これが最も広角で撮ったものです。
次は換算2000mmで最大ズームです。

Nikon COOLPIX P900

都電荒川線の電停は隣が肉眼でも見えてしまうところが多いです。
ここも肉眼でも見えるけれども、2000mmの世界は全然違いますね。

ちょっと引いて撮ってみます。

Nikon COOLPIX P900

それでも架線柱の圧縮感がすごいですね。

鉄道では動画撮影もしてみました。
望遠の換算2000mmから広角の24mmまでズームを変化させています。
見え方の違いをお楽しみください。

今度は桜での撮影テストです。
まずは換算24mmで。

Nikon COOLPIX P900

全く同じ立ち位置から少しずつズームしていきましょう。

Nikon COOLPIX P900

Nikon COOLPIX P900

Nikon COOLPIX P900

そして最大ズームの換算2000mm。

Nikon COOLPIX P900

もう何度でも言っちゃいます。
同じ場所から同じカメラで撮影していますよ。

今度は枝垂れ桜です。
まずは換算24mm。

Nikon COOLPIX P900

少しずつズームしていきましょう。

Nikon COOLPIX P900

Nikon COOLPIX P900

最後は換算2000mmの最大ズーム。

Nikon COOLPIX P900

最後の作例です。
換算24mmの広角で。

Nikon COOLPIX P900

そして2000mmの世界へ。

Nikon COOLPIX P900

最後にもう一回言わせてください。
同じ場所から撮影しているのに、これだけ全く異なるイメージの写真が撮影できるNikon COOLPIX P900の望遠能力はとてつもないものがあります。
まさに脅威ですね。

ズームで撮影したいけど、一眼レフカメラでレンズ交換するのは面倒くさいという方にはこのカメラはぴったりでしょうね。
一般的なコンパクトカメラよりはサイズは大きくなりますが、それでも一台で広角から望遠まで全ての領域をカバーすることができます。
特に望遠は35mm換算で2000mmという想像するのも難しい世界を捉えることができてしまうのが最大の魅力ですね。
興味がある方はぜひチェックしてみてください。

【あす楽】 ニコン COOLPIX P900 ブラック
by カエレバ

 

このレビューを評価する
とても参考になった
参考になった
powered by みんぽす
スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム