心理学


榎本博明「記憶はウソをつく」

久々に心理学関係の本をご紹介。

記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)
記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)

榎本博明さんの「記憶はウソをつく」です。
記憶力に自信があるという方は結構いると思うのですが、実は人間の記憶というものは実に頼りがないということをわかりやすく解説されていました。
冤罪や事件の目撃証言という犯罪と絡めることによって一般の人にも身近な事例が示されており、読みやすい内容になっていると思います。
まずは目次を見てみましょう。

序章 記憶の不思議
第1章 偽の記憶は簡単に植えつけられる
第2章 記憶は無意識のうちに書き換えられてしまう
第3章 記憶はどこまで再生できるのか
第4章 記憶はどこまで嘘をつくのか

人は自分では経験したことでないことでもあたかも自分自身の経験かのように思ってしまうことなんてほとんどないと思われますが、実はそのようなことは人工的に簡単にできてしまうのです。
実際には起こっていない5歳の頃のショッピングモールで迷子になるということ25%~30%の人が事実だと思い込んでしまったそうです。
その手法は本書にまかせますが、それだけの割合でこんなことが起こってしまうとは驚きです。
これが基で裁判が起こってしまったらなんて考えると実に恐ろしいことだと思います。

また、自分が見たものは事実であり、しっかりと記憶できているのだと思ってしまうことも危険であり、ストレスがかかる状況、尋問のされ方、事後情報、共同想起などの要因が加わると、簡単に記憶が歪んでしまいます。
「犯人」を見たと証言したとしても、実はまったく無関係の人を「犯人」だと思い込んだり、凶器に注目してしまうと周囲の状況が全く見えなくなってしまったりするそうです。
目撃証言が有力な証拠となるケースは心理学の観点から見ると、大きな危険を孕んでいるのがよくわかります。

タイトル通り「記憶はウソをつく」という知識がないと、記憶にあまりにも大きなウェイトを置いてしまうという錯誤が生まれてしまう可能性があります。
そういった誤りを避けるためにもぜひ本書は読んでいただきたいものだと思います。
心理学の専門用語にはしっかり解説をつけているので、一般の方にもわかりやすくなっていますよ。

Amazonの紹介ページはこちらから。
記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)

楽天ブックスはこちらから。
記憶はウソをつく

よろしければシェアしてください!

なぜ回転する女性の絵が逆回転して見えるのか?

今からちょうど1年前(2007年10月15日)、とくとみぐろぐでは以下のような記事を書きました。

右回転?それとも左回転?(とくとみぶろぐ)

この記事はあるサイトで下の画像の回転方向がどのように見えるかで右脳派か左脳派か判断できると書かれていたのを批判したものです。

0%2C%2C5693171%2C00.gif

この画像は目の錯覚で回転方向が変化するもので、決して右脳左脳の判断基準となるものではありません。

時計周りに回っているかと思いきや、ふとした瞬間に反時計周りになったりする純然たる錯視画像なのです。

しかし、人々が最初にこの画像を見た時にどちらの方向に回転して見え、どれだけの人が逆回転も見えるのかとても興味があるところです。

実際にそのデータを公開していたサイトがありましたので、こちらでも紹介したいと思います。

Casual Fridays: TK-421, why can’t you spin that woman in reverse?(Cognitive Daily)

結果はというと約1600人のデータが集まり、最初に時計周りに見えた人がそのうちの約3分の2、反時計回りが約3分の1でした。

興味深いことに、最初に反時計周りに見えた人と最初に時計周りに見えた人で、逆回転して見える人の割合が違ったのです。

このグラフからおおまかに数字を出してみると、最初反時計周りで見えて、かつ逆回転も見える人が約70%、見えない人が約30%。

最初時計周りで逆回転も見える人が約60%、見えない人が約40%。

細かい数字と統計的検定は公開されていないのではっきりと言うことはできませんが、サンプル数が約1600人ということから、ここには何らかの差があると考えてもいいでしょう。

つまり最初に反時計周りに見えた人の方が逆回転も見える確率が高くなり、最初に見える回転方向が逆回転も見えるかの要因のひとつになるだろうと推測できます。

実際にこのようなデータがあるとこの錯視が起こる原因を考える貴重な手がかりになりそうです。

ちなみに僕は最初時計周りに見えて、逆回転も見ることができました。

このサイトでは、この最初にどちらに見えるかが逆回転も見えるポイントになるということ以外にももうひとつ”Magic Eye”という錯視が見えるかどうかなども説明になるのではないかと考察しています。

興味がある方はぜひ原文にあたってみて下さい。

Casual Fridays: TK-421, why can’t you spin that woman in reverse?(Cognitive Daily)

さて、あなたは上に掲載した回転する女性が最初どちらの方向に回って見えましたか?

また逆回転もするように見えたでしょうか?

錯視完全図解―脳はなぜだまされるのか? (Newton別冊) (Newton別冊)
北岡 明佳
4315518034

よろしければシェアしてください!

動いていないのに動いて見える図形が満載! 北岡明佳「人はなぜ錯視にだまされるのか?」

久々に心理学関連の本の紹介です。

今回は立命館大学の北岡明佳先生の「人はなぜ錯視にだまされるのか?」です。

錯視とは目の錯覚のことで、例えば本来同じ色のものが違う色に見えたりしてしまう現象のことです。

以前紹介した明るさの錯視の図形がまさにこれにあたりますね。

20070610.jpg

明るさの錯視(とくとみぶろぐ)

本書では5つの章でそれぞれ違うパターンの錯視図形が紹介されています。

まずは目次から見てみましょう。

Chapter1 動き出す図形
Chapter2 形の錯視
Chapter3 色の錯視
Chapter4 オプアートと錯視
Chapter5 顔の錯視とだまし絵

本書で紹介されている錯視図形は基本的に動くように見えてしまうものです。

もちろん絵なので、本来動いているはずがないのですが、なぜか動いて見えてしまうのです。

例えば有名な蛇が回転して見える図形です。

コチラで見ることができます。

じっと見ていると気持ち悪くなる方もいると思いますので、その時はすぐに見るのを止めてください。

どの蛇でもいいのですが、ひとつの蛇を集中してみてください。

するとその周辺の蛇が回転して見えてくると思います。

回転方向は2種類あって、黒→青→白→黄→黒、という方向性を持っているはずです。

このような図形が様々なパターンで紹介されており、ページをめくるたびに驚きと興奮とそして気持ち悪さが残ります(笑)

それぞれの図形の解説文はついているものの、最低限のことしか記述されないので、読み物というよりも絵本を読んでいる感覚で、リラックスして楽しみながら読める本ですよ。

画集と言ってもいいかな。

不思議な絵を見るのが好きな人や、ちょっと変わったデザインをやってみたいという方にはお勧めの本です。

ただし、お酒を飲んでいる時に見るとものすごく酔いがまわりそうなので中止してください(笑)

北岡先生のホームページもぜひご覧下さい。

北岡明佳の錯視のページ

人はなぜ錯視にだまされるのか?
北岡明佳
4862550207

よろしければシェアしてください!

同乗者との会話と携帯電話での会話が車の運転に及ぼす影響について

最近でも車の運転中に携帯電話で通話をしている人をよく見かけます。

歩行者の視点から見るととても怖いものです。

もちろん対向車の運転手が携帯電話で話をしていたら、それも怖い状況でしょう。

しかし、ここでひとつの疑問が出てきます。

携帯電話で通話しているのと、助手席に乗っている人と話をするということの違いはあるのでしょうか?

両者ともドライバーは運転に集中しているのではなく、他者と話しをするという点で同じ状況です。

それを比較した実験に関する記事があったので紹介したいと思います。

Want to drive safely? Talking to passengers may be okay, but talking on the phone isn’t(Cognitibe Daily)

タイトルを日本語にすると「安全運転したいですか?同乗者と話をするのは大丈夫。でも携帯電話は危険です」といった感じでしょうか。

もっと論文調の題名にしてみると、「同乗者との会話と携帯電話での会話が車の運転に及ぼす影響について」になりますかね。

それでは簡単にまとめてみたいと思います。

これまでの先行研究で同じようなものはあったようです。

しかし、そこでの会話のテーマがかなり難しく、運転以外の部分に意識を集中させなくてはならないおうなものだったので、この研究ではできるだけ身近なテーマを選択しました。

それが「人生における危機的状況」というテーマです。

誰もが1度は経験したことあるだろう危機一髪の状況について会話をしてもらうのです。

では実験条件について見て行きましょう。

被験者を3つの群に分けます。

1.携帯電話で会話する
2.同乗者と会話する
3.会話しない

この3つの群を比較することによって、誰かと会話することが運転に対して悪影響を及ぼすのか、さらに同じ会話でも携帯電話を使った場合と横にいる人との場合を比較することができます。

この3つの群の被験者(実験される人)に運転シミュレーターを操作してもらいます。

混雑した高速道路に乗り、ひとつ先の出口から出てもらうというコースです。

運転中に会話をしてもらいますが、それは先に記したように「人生における危機的状況」というテーマを設けています。

ただし、会話はそれだけしか行ってはいけないというわけでなく、他のことをしゃべってもいいという自由度を設けています。

これだとより現実に近い会話になりますよね。

それでは結果です。

080327.gif
Want to drive safely? Talking to passengers may be okay, but talking on the phone isn’t(Cognitibe Daily)より

まずは左のグラフから見てみましょう。

これは出口を逃してしまった割合です。

携帯電話での会話をしていたドライバーの約50%が出口を逃してしまい、これは同乗者との会話をしていた人が逃してしまった約13%という数値に比べて統計的に有意に高い値を示していました。

これは同じ会話でも携帯電話の使用によってより注意力が散漫になっていたことが推測できます。

同乗者と会話するのと会話なしとの比較では、グラフを見ると差がありそうな気がしますが統計的に意味のある差はありませんでした。

つまり同乗者との会話は会話をしないで運転するのと同じくらい集中できていると考えられます。

次に右のグラフを見てください。

これは会話の中で高速道路の交通状況についての話題が出てきた回数です。

会話にはテーマを設けていましたが、そこには制限がなく自由度もありました。

携帯電話を使用していた人に比べて同乗者との会話の方が2倍ほど多く話題になっていることがわかります。

つまり携帯電話よりも同乗者との会話の時の方が周囲の状況について気を配っているのではないかということが考えられるのです。

この結果から、運転時の携帯電話の使用は周囲の状況を見えづらくするということが推測できると思います。

このような状況が事故を引き起こしてしまう可能性は十分に考えられます。

この結果からわかるように、運転時の携帯電話の使用はとても危険です。

高速道路よりも一般道の方が歩行者など注意しなくてはいけない点はたくさんあります。

歩行者の視点から見ると、そのような状況での携帯電話の危険性についてもしっておきたいものです。

一般道でのシミュレーションもぜひやってもらいたいところだと思いました。

この実験は車の運転中に行う日常的な会話(携帯電話 or 同乗者)が運転に及ぼす影響を実証したものとして有意義なものだと思います。

英語の原文はこちらからどうぞ。

Want to drive safely? Talking to passengers may be okay, but talking on the phone isn’t(Cognitibe Daily)

よろしければシェアしてください!

仕事中の睡眠が記憶を改善する実験研究

ちょっとでもいいからお昼寝をすると頭がすっきりするということはよく聞くことだと思います。

今回はそのような言葉が正しいのかどうか、ちょっとした睡眠が記憶に対していい影響を持つということを実験的に示した記事を紹介します。

Falling asleep on the job can improve your memory, study shows(The Earth Times)

タイトルを日本語にすると「仕事中の睡眠が記憶を改善する実験研究」といったところでしょうか。

それでは簡単にまとめてみます。

【方法】
被験者を2群に分けます。

A群:
30語の単語リストを記憶 → 休憩(6分間の睡眠) → 30語の単語リストに関するテスト

B群:
30語の単語リストを記憶 → 休憩(起きたまま) → 30語の単語リストに関するテスト

この実験により記憶とテストの間に睡眠を入れる効果を測定することができます。

【結果】
睡眠をとったA群の方が起きたままだったB群よりも再生数が多かった。

これは記憶とテストの間にちょっとした眠りを入れたことが記憶に対していい効果があったことを示しています。

たった6分間の睡眠でも効果が出るのですね。

ここから、お昼休みに食事が終わったらほんのちょっとだけ眠ると、午前中の疲れがとれて脳がリフレッシュされるのではないかということが予想できると思います。

お昼休みにすることがないからといって無理に仕事をするのではなく、居眠りが許される環境ならば少しだけ眠ることができたらいいでしょうね。

でも昼寝をするような環境って普通の会社にはないんですよね。

仮眠室があったりしたらベストですが、机の上に突っ伏して寝るのは見た目に美しくありません。

もし仮に仮眠室があっても、つい寝坊してしまう人も出てきて問題視されるかもしれないし。

寝るのがいい効果があるとわかっても、実際に行動に移すことができるかはとても難しい問題です。

長時間の睡眠だけでなく短時間の睡眠でも記憶にいい影響を与えるということを実証したことで、この研究はとても有意義なものだと思います。

英語の原文はこちらからどうぞ。

Falling asleep on the job can improve your memory, study shows(The Earth Times)

タイトルに”on the job”と入っているのはビジネス系のサイトに掲載された記事だからで、実際の研究では「仕事中」ということに限定はしていません。

よろしければシェアしてください!

目を左右に動かすことが記憶を蘇らせる促進剤になるかもしれない

心理学の一分野である認知心理学では記憶についての様々な研究を行っています。

その記憶についておもしろい記事があったので紹介します。

THE EASY WAY TO BOOST YOUR BRAIN(DAILY EXPRESS)

タイトルを和訳すると「脳を活性化させる簡単な方法」となりますが、内容は「記憶力を高める方法」です。

それでは簡単にまとめてみることにします。

この実験を行ったのはDr Andrew Parkerという人です。

【方法】

被験者(実験を受ける人)を3つの群に分けます。

A群:
300語の単語リストを聞く → テレビモニタ上の横に動く円を見るために30秒間目を左右に動かす → 別の単語リストを渡され、そこから最初に聞いた単語をピックアップする

B群:
300語の単語リストを聞く → テレビモニタ上の縦に動く円を見るために30秒間目を上下に動かす → 別の単語リストを渡され、そこから最初に聞いた単語をピックアップする

C群:
300語の単語リストを聞く → 別の単語リストを渡され、そこから最初に聞いた単語をピックアップする

つまり、A群とB群は目の動きの違い、A群・B群とC群は目の動きをするかしないかの違いがあることになります。

【結果】

最初に聞いた単語を最後に見せたリストの中からどれだけ正確に選び出せるかがポイントになります。

結果としては、A群が他の群よりも10%多く単語を選び出せたようです。

しかし、B群とC群の間に差はありませんでした。

つまり30秒間目を左右に動かすことが、上下に動かしたり、目の動きがないことよりも記憶にいい影響を与えていたと言うことができます。

以上が実験の概要です。

単純に考えると「目を動かす」という行為により余計な動きをしているわけですから、それだけ脳に負担がかかっているはずです。

それでも記憶力がアップしているのはとても面白い結果だと思いました。

目を左右に動かすことによって右脳と左脳の両方が刺激され、大脳半球の相互作用が起こっているのかもしれません。

左右の動きが脳を活性化させているのかもしれませんね。

と言うことは、何かを思い出そうとするとき、または自分の記憶が正しいかどうか判断に迷った時には目を左右に動かしてみると脳に刺激を与えて、正しい記憶が蘇ってくるかもしれません。

こんな簡単なことで忘れていたことを思い出せたりしたらとてもうれしいです。

なかなか興味深い実験ですが、これからさらなる検証が必要でしょう。

原文はこちらからどうぞ。

THE EASY WAY TO BOOST YOUR BRAIN(DAILY EXPRESS)

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
築山 節


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よろしければシェアしてください!

「あなたの偽善者度チェック(心理テスト)」をやってみた

最近はやりの「あなたの偽善者度チェック(心理テスト)」をやってみました。

あなたの偽善者度チェック(心理テスト)

10個の質問に答えるだけで偽善者度を判定してくれるとてもシンプルな心理テストです。

080321-3.jpg

さて、結果です。

あなたの偽善者度はこんな感じ!

080321-4.jpg

腹の黒さ  5%
知的偽善度  57%
勇気ある行動 59%
天使の光  100%

あなたの偽善者度は5%ぐらいで【本当の善人級】です。

あなたは偽善者ではなく、まごうことなき善人です。
この世知辛い平成の世において、あなたのような人が育つことは、天然記念物なみに珍しいといえるでしょう。
あなたの心には微塵の黒さもなく、純粋に自分と他人を愛して、前向きに努力しよう、良くしようという気持ちが満ちています。
しかし、世の中には黒い偽善者がたくさんいるので、その人たちに毒されたり、騙されたりしないように、気をつけてくださいね。もっともあなたには純白の守護天使がついているので大丈夫だと思いますが。

あなたの善人度アップアイテム
天使が降臨するスピリチュアル・ボイス

【本当の善人級】だってさ!!!

お暇でしたらぜひ遊んでみてください。

あなたの偽善者度チェック(心理テスト)

こういう心理テスト物は爆発的な人気が出るんだよなあ。

そう言うとくとみもすぐ飛びついてやってしまったけどね。

よろしければシェアしてください!

香山リカ 「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」

香山リカさんの「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」を読みました。

香山さんは大学教授、精神科医として活躍しており、テレビにもよく出てくるので知っている方は多いと思います。

とくとみは心理学の講師をしているのですが、初めて香山さんの著作を読みました。

読んでいる最中から感じていたのですが、とてもわかりやすい文章でしかも論旨も明確で読みやすいものでした。

さて、本書は題名の通り最近はやりのスピリチュアルについて批判的に検討したものです。

特にテレビでもお馴染みの江原啓之氏についての記述が多くなっており、彼を盲目的に信奉する人々に警鐘をならしています。

江原氏に限らないのですが、科学的に検証されていないことをさも真実かのように語ることは非常に危険なことです。

しかしその言葉によって救われている人がいることも事実です。

心の問題を取り扱う現場ではそういう効果があることも否定できないこともないのですが、問題が解決した、悩みが解消されたというのは一種のプラセーボ効果である可能性も高いのです。

プラセーボ効果とは何の効果もないはずのビタミン剤でもよく効く薬だと効かされて飲めば何らかの効果が現れてしまう現象です。

前世やカルマを用いてカウンセリングを受け、よくなったとしてもそれはプラセーボ効果である可能性もあり、本当は全く効果のないものかもしれないのです。

本当に効果があることを証明できなければやはりお金を貰ってカウンセリングを行うという行為はやってはいけないことなのだと思いました。

香山さんはこのような点をさらに深く掘り下げて論じているので、興味がある方にはぜひ読んでもらいたい1冊です。

ただ、スピリチュアルの話から小泉前首相の話に持っていこうとするのはちょっと話がずれていた感じがしたかな。

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書) スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)
香山リカ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よろしければシェアしてください!

無料性格診断Web「人間研究所」

性格を236タイプに分類!無料性格診断Web「人間研究所」というのをやってみた。

50個の質問に「はい」「いいえ」「どちらともつかない」で答えていき、236個の性格分類の中からどこに当てはまるのかを診断してくれます。

とくとみの結果は・・・

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

日本人は日本人の顔よりもアメリカ人の顔を覚えにくいものなのだろうか?

街ですれ違った人の顔を覚えていることができますか?

おそらくすれ違った数秒後にはすっかり忘れてしまっていることでしょう。

それにすれ違った人の顔について後から尋ねられるというケースは人生においてほとんどないかもしれません。

しかし何らかの事件や事故を目撃し、その当事者についての証言を求められるということが生きているうちに1回は経験することかもしれません。

その時、人は正確に以前見た人物の顔を覚えているものなのでしょうか。

このことは心理学では認知心理学の分野で「目撃者の証言」としてよく議論されています。

その研究結果からはストレスがかかる状況において人の顔の目撃証言はあまり当てにならないという結論が導き出されてきています。

さらに、同人種間よりも、人種が異なる顔となるとさらに成績が悪くなってしまうという研究結果もありました。

ただしこの異人種間の顔記憶に関しては、大人よりも子供の方が成績がいいと言われてきました。

なぜならば大人は日々同人種間との付き合い経験を重ねて、顔の特徴を思い出すときの代表的なものは同人種の顔となってしまい、子供はまだ同人種の顔を見る経験が少ないので異人種の顔でも素直に記憶ができるからだと。

このような研究はJ. Chanceが行っており、日本でもこの結果を引用している文献は多数ありました。

しかし、最近この結果に反する研究が発表されました。

それがB. CorenblumとChristian Meissnerの研究です。

続きを読むにはこちらをクリック!

よろしければシェアしてください!

1 / 3123

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム