勝谷誠彦 「朝湯、昼酒、ローカル線―かっちゃんの鉄修行」

スポンサーリンク

勝谷誠彦さんの「朝湯、昼酒、ローカル線―かっちゃんの鉄修行」を読みました。

朝湯、昼酒、ローカル線―かっちゃんの鉄修行 (文春文庫PLUS 40-27)

22本のローカル線の旅行記なのですが、鉄道好きな人が書いた本とは違い、温泉やその時の名物食べ物の話題も豊富に出てきます。

勝谷さん自身はそんなに鉄道が好きというわけではなく、鉄道好きな編集者が立てたプランに沿って行動し、1日に数本しかないようなローカル線を乗り潰し、おいしいお酒と食事をいただくという流れになっています。

そういう構成になっているので、鉄道が好きな人間からすると物足りないのですよ。

お酒の話題もいらないし、食べ物もいいからもっとその路線の特徴を描いて欲しいと思ってしまうのです。

ここに出ている土地に旅行に行こうと思うならば、食事についても書かれているのでいいかもしれませんが。

ちょっと残念。

でも北海道から九州までとくとみが乗ったことのないJR以外のローカル線が紹介されていのは新鮮なところです。

この本のターゲットはちょっと鉄道に興味があって、旅行にはおいしい食事が欠かせないと思っている方でしょうかね。

リアル鉄ちゃんにはお勧めはできないかもしれません。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録