レトロ鉄道の旅 「旅する鉄道 Vol.02」

スポンサーリンク

えい出版社より刊行された「旅する鉄道 vol.02」を購入しました。

旅する鉄道 2 (エイムック 1773)
4777913872

実は僕はこの「旅する鉄道」がかなり好みで第1号を読んでから、この第2号が発売されるのを楽しみにしていました。
さてさて内容はと言いますと、巻頭特集は「レトロ鉄道の旅」です。
半田健人さんによる急行能登、豊岡真澄さんによる銚子電鉄、樋口真嗣さんによる北斗星、小倉沙耶さんによるはまかぜ、桜井せなさんによる三笠鉄道村のSLなどのレポートがのっています。
どれも毎日走っている路線または列車なのでついつい見逃してしまいがちですが、かなり老朽化されてしまっているものばかりです。
そこに注目した紹介の仕方をしているので、旅先で訪れた時にはまた新たな視点を持って見ることができそうです。

特によかったのが、半田健人さんによる急行能登の旅です。
半田さんは俳優ではあるのですが、僕にとっては鉄ヲタであり、昭和マニアであるというイメージしかありません。
ええ、俳優をしているところは見たことすらありません。
タモリ倶楽部などでの半田さんしかしらないという非常にけしからん僕なのですが、結構こういうマニアックな方が好きだったりします。
話を戻して、急行能登は上野と金沢を結ぶ夜行の座席車のみの急行列車です。
同じ経路でほぼ同じ時間に寝台特急北陸が走っているのであまり乗客はいないのですが、実はボンネット型の国鉄型特急車両が使われているという魅力的な存在なのです。
そこから昭和の香りを見出す半田さんの視点がかなりユニークでおもしろかったですよ。

その他の記事では、夏に乗りたいローカル線として斉藤雪乃さんが旅する釧網本線、肥薩線、指宿枕崎線が取り上げられていました。
3路線ともまだ乗車したことがないので、読んでいるだけで憧れがつのってきてしまいます。
今年、行けるかな・・・

現役で走っているレトロ車両の資料集としても活用できそうな「旅する鉄道 Vol.02」のAmazonでの紹介ページはこちらから。
旅する鉄道 2 (エイムック 1773)

楽天ブックスでの紹介ページはこちらから。
旅する鉄道(vol.02)

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録