中井精也の鉄道撮影術 「撮り鉄」

スポンサーリンク

写真を撮るのに参考となる本を探しているという方に絶対的にお勧めなのがこちら。

中井精也の鉄道撮影術 撮り鉄 (アスキーフォトレシピシリーズ)
中井精也の鉄道撮影術 撮り鉄 (アスキーフォトレシピシリーズ)

中井精也さんの「撮り鉄」です。
サブタイトルには「鉄道撮影術」という言葉が入っていますが、鉄道だけでなく風景、人物などなどあらゆる場面にも適用できる撮影技法が本書に詰まっているので、誰にでもお勧めできます。
目次を見ると、それがよくわかりますよ。

CHAPTER1 光と影を読む
CHAPTER2 色を操る
CHAPTER3 バリ鉄しよう
CHAPTER4 動感を表現する
CHAPTER5 めぐる季節の中で
CHAPTER6 ゆる鉄の世界

「鉄」という文字が入っているし、作例も全て鉄道だけれども、ただの鉄道写真の枠に収まるのではなく、全てがどうしてこんなにも情感豊かな作品が映し出されるのかと不思議に思わされるものばかりです。

CHAPTER1では光と影のみで構成される世界やシルエットなどの効果的な使用方法を。
CHAPTER2ではホワイトバランスやフィルターの使い方を。
CHAPTER3では鉄道編成写真の撮り方を。
CHAPTER4では流し撮りの極意を。
CHAPTER5では季節感の出し方と中井さん独自の構図法であるレイルマン比率についての解説。
CHAPTER6では肩肘張らずにゆるーく楽しく撮る写真を。
もちろん全ての技をすぐに自分のものにできるわけではないけど、なんおかがんばって練習していけば、少しでも中井さんの領域に近づくことができるのではないかななんて錯覚してしまいました。

ページをめくる毎に思わず「おー」と声をあげてしまうような作例だけを見るのでも本書を読む価値がありますよ。
間違いなく今年No.1の本です!

Amazonでの紹介ページはこちらから。
中井精也の鉄道撮影術 撮り鉄 (アスキーフォトレシピシリーズ)

楽天ブックスはこちらから。
撮り鉄

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録