ムック本の「レンズの時間」で大口径レンズについてちょこっと勉強してみた

スポンサーリンク

最近は交換レンズについての勉強も始めたとくとみ(@tokutomi)です。
先日、こちらの本を購入しました。

レンズの時間

レンズの時間 (玄光社MOOK)です。
大口径レンズと言われるレンズの紹介を本書では行っています。
大口径とは、レンズ口径が大きいこととF値が1.8よりも明るいものという定義がなされています。
カールツァイス、フォクトレンダー、SIGMAなどのレンズの特徴と作例が豊富で、レンズについての知識がほとんどない僕でも楽しく読み進めていくことができました。
特に、オールドレンズなどの「味」と言われる現象には興味津々です。
これまではくっきりはっきり写すことに集中していましたが、レンズによってはそうではないフレア、ゴースト、周辺光量落ちなどもとても面白い写りだと感じました。

僕が普段使っているのはNikon D610なので、本書で登場するレンズはほとんど使えなさそうです。
マイクロフォーサーズやSONYのカメラだと色々なレンズをつけることができて楽しそうだなと感じました。
僕は少ない選択肢の中から僕に合った大口径レンズを探してみたいと思っています。

レンズに興味がある人はぜひ参考にしていただきたい本です。

レンズの時間 (玄光社MOOK)
玄光社 2015-02-09
売り上げランキング : 1780

by ヨメレバ
スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録