東京メトロの「メトログッズを買って「新橋駅 幻のホーム」へ行こう!」キャンペーンに応募してみた

スポンサーリンク

現在東京の地下空間には網の目のようにたくさんの地下鉄路線が走っています。
昭和2年(1927年)に上野ー浅草間が開業してから現在の副都心線まで路線は増え続けています。
しかしそんな東京の地下鉄にも使用されなくなった駅が存在しているのです。
それが「幻の新橋駅」です。
今でも地下鉄新橋駅は存在していますが、昭和14年の1月からたったの8ヶ月間しか使われなかったホームがあるというのです。
もちろんそのホームは非公開なのですが、なんと12月19日(土)に見学会が開催されるというのです。
東京メトロ「『鉄道の日』スペシャルプレゼント メトログッズを買って『新橋駅 幻のホーム』へ行こう!」

ただし、希望者全員が対象となるのではなくある基準を満たして、さらにそこから抽選で50名のみというとても高いハードルが設定されました。
その基準とは・・・

対象期間に東京メトログッズをお買い上げの上、ご応募いただいたお客様の中から抽選で 50名様を「新橋駅 幻のホーム見学会」へご招待いたします。

グッズは以下のページを参照して下さい。
東京メトログッズ

カレンダー、ボールペン、時計、傘などなどたくさん種類があります。
この中から2つ購入すると抽選のための応募葉書がもらえるという仕組みです。
そう、グッズを買わなくてはいけないんですよ。

昭和遺産に興味がある僕としてはこの幻の新橋駅を見たいという気持ちは非常に強いです。
でも東京メトロのグッズにそんなに欲しいものはない。
見学会に参加したいけどグッズはいらない・・・
悩みに悩んだ末に、買っちゃいました。

池袋駅のキーホルダーを2つ。
でも全く同じものなのではなくて副都心線と丸の内線の2種類なんですよ。
この2つを購入したことで無事応募葉書をゲット。
さっそく葉書を投函してあとは抽選に当たるのを待つのみです。
当たればいいなあ。

ちなみにこのキャンペーンは平成21年10月14日で終了しています。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録