平成22年(2010年)夏の北海道&東日本パスは7日間利用可能で10000円!

スポンサーリンク

1万円でJR北海道とJR東日本の普通列車が乗り放題になる北海道&東日本パスの価格は例年10000円でした。
この切符は5日連続使用という縛りがあるものの、同時期に利用可能な青春18きっぷの1日(回)あたりの値段である2300円よりも安い、1日あたり2000円というのが魅力的でありました。
ところが、平成22年(2010年)夏の北海道&東日本パスは予想を遥かに上回るバージョンアップがなされたようです。

JR東日本エリア、JR北海道エリアを自由・気ままに!「北海道&東日本パス」で鉄道の旅をお楽 しみください [PDF/86KB](JR東日本)

切符の有効期間がこれまでの連続する5日間から7日間に延長されました!
しかも料金はこれまでと同じ10000円
1日あたりの価格が約1429円になってしまったのです。
もちろん青春18きっぷのように気ままに5回分利用するということはできないものの、7日連続で10000円というのは魅力的だと思います。
今年の夏はこの北海道&東日本パスも使ってみようかな。

詳細な概要は以下の通り。

利用期間:平成22年(2010年)7月20日(火)~平成22年(2010年)9月12日(日)
有効期間:連続する7日間
発売期間:平成22年(2010年)7月1日(木)~平成22年(2010年)9月6日(月)
発売価格:大人10000円、小児5000円
主な効力:フリーエリア内のJR東日本線全線、JR北海道線全線、青い森鉄道線全線、IGRいわて銀河鉄道線全線、北越急行線全線、富士急行線全線の普通列車(快速含む)の普通車自由席が乗り降り自由。急行列車に限り、別に必要な料金券をお求めいただけば普通車指定席等も利用可能。

詳細はこちらからどうぞ。
JR東日本エリア、JR北海道エリアを自由・気ままに!「北海道&東日本パス」で鉄道の旅をお楽 しみください [PDF/86KB](JR東日本)

プレスリリースには「★急行列車に限りまして、別に必要な料金券をお求めいただけば普通車指定席等もご利用になれます。」とあることから、これまでのように青森~札幌間の急行はまなすには自由席確保のために並ばなくてはいけないということもなくなり、あらかじめ指定券を購入しておけば余裕を持った旅が出来そうです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録