NTTドコモのdtab用に32GBのTranscendのマイクロSDカード 「Transcend microSDHCカード 32GB Class4 (無期限保証)」を購入した

スポンサーリンク

先日購入したNTTドコモのWi-Fi専用10.1インチタブレットのdtabはROMが8GBでかなり容量が小さいです。
しかしmicroSDカードスロットが付いているので簡単にメモリを増やすことができます。
購入時にmicroSDカードは付属していなかったので、32GBのものを購入しました。
Transcend microSDHCカード 32GB Class4 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GUSDHC4Eです。

130417-1

dtabのmicroSDカードスロットは背面カメラの横にあります。

130417-2

ここをパカっと開けるわけです。

130417-3

左側がmicroSDカードスロットで、右側は本来ならばSIMカードを入れる場所となっていますがdocomoのdtabの場合は塞がれています。

130417-5

で、microSDカードをこの向きで挿入します。

130417-4

これでOK。
あとはデータの保存先をSDカードにするようdtab側で設定します。

設定 → 端末 → ストレージをタップ。

130417-6

上の方にある「データ保存先設定」をタップ。

130417-7

ここでSDカードを選択すれば様々なデータが本体ではなくSDカードに自動的に保存されるようになります。

僕はそんなに転送速度は必要ないかなと思ってClass4のSDカードにしましたが、こだわりがある方はClass10にしてもいいでしょうね。

Transcend microSDHCカード 32GB Class4 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GUSDHC4E
Transcend microSDHCカード 32GB Class4 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GUSDHC4E

Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] TS32GUSDHC10E
Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] TS32GUSDHC10E

ちなみに、僕はdtabをELECOM Huawei dtab レザーカバー フラップ付 ブラック TBD-HW01APLFBKに入れているのですが、これをつけるとSDカードスロットは隠れて見えなくなります。

130417-8

一度SDカードを入れてしまえば出し入れすることはなくなるとは思いますが、このようなケースに入れておけば誰かが触って誤ってSDカードを抜いてしまうというようなこともないかもしれませんね。

ELECOM Huawei dtab レザーカバー フラップ付 ブラック TBD-HW01APLFBK
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録