チェコのリトミシュル城で絢爛豪華な王族の暮らしを見学してみた!美術館、博物館、ワインセラー、スメタナの生家も必見 #visitCzech #link_cz #チェコへ行こう

スポンサーリンク

チェコのリトミシュルという小さな町へと行ってきました。
ここにはユネスコの世界遺産にも登録されているリトミシュル城があります。
今回はこのリトミシュル城の見学レポートです。

チェコへ行こう! day5

これがリトミシュル城!

日本のお城は見慣れたものではありますが、ヨーロッパのお城ってほとんど見たことがありません。
どんなものなのかのイメージもない状態でしたが、この巨大な壁のような建物を見た瞬間、震えが来ました。

チェコへ行こう! day5

Sponsored Link

とにかくでかい!
城壁内に入ると、通路と各部屋の入り口が見えてきます。

チェコへ行こう! day5

映画に出てくるヨーロッパのお城のイメージそのものの世界がそこにはありました。
ここで現実に王族の人々が暮らしていたのだと想像してみますが、あまりに現実離れした場所なので、僕の貧弱な想像力では補いきれません。
壁面に日時計があるだなんて思いもしませんでしたからね。

チェコへ行こう! day5

お城の中に劇場がある!

いよいよ城内の見学が本格化します。
まず向かったのは城内にある劇場です。
小さな舞台がちょこんとあるのではなく、本格的な劇場がそこにはあったのです。

チェコへ行こう! day5

昔のまま保存されていますので、照明代わりに使われていた燭台もありますよ。

チェコへ行こう! day5

設備が整った近代的な劇場もいいけど、こんな客席から優雅に観劇もしてみたいですね。

チェコへ行こう! day5

城内にはこんなに豪華な部屋が!

次は王族が実際に暮らしていた部屋を見てみましょう。

チェコへ行こう! day5

何ですかこのゴージャスな部屋は。
このような調度品がある部屋が次から次へと出てくるのです。

チェコへ行こう! day5

完全に僕の感覚を大きく越えているので、ここで生活するイメージが全く掴めません。

チェコへ行こう! day5

ここで食事をしてみたい気もするけど、緊張してナイフやフォークを思わず落としてしまいそうです(笑)

チェコへ行こう! day5

この巨大な絵画も圧倒的迫力ですよね。

チェコへ行こう! day5

チェコへ行こう! day5

僕がこの城内で暮らすとすれば、この使用人の部屋で十分満足ですよ。

チェコへ行こう! day5

お城の地下にはワインセラー

お城には地下空間があります。
地下は気温が一定しているということもあってワインセラーとして利用されているようです。

チェコへ行こう! day5

ここでワインの試飲、購入ができますよ。

チェコへ行こう! day5

地下には美術館もある!

この階段をどんどん下りていきます。

チェコへ行こう! day5

ここには何と美術館があります。

チェコへ行こう! day5

歴史的建造物を見るのと同時にチェコのアート鑑賞もできてしまうなんてなかなかいいじゃないですか。

チェコへ行こう! day5

スメタナの生家を見学

チェコの代表的な作曲家であるスメタナの生家がこのリトミシュル城の敷地内にあります。
スメタナの父がリトミシュル城の城主のビール醸造者だったそうです。
こちらがスメタナです。

チェコへ行こう! day5

スメタナが使っていたという楽器も見ることができます。

チェコへ行こう! day5

楽譜もありますね。

チェコへ行こう! day5

今回はスメタナの音楽を聞く機会がなかったけど、このリトミシュルの町で演奏を聞くなんてのもぜひやってみたいですね。

リトミシュル城についての博物館もある!

お城の隣には博物館もあります。
リトミシュル城が時代によってどのように姿を変えてきたかの模型もあります。

チェコへ行こう! day4

また、地下に埋まっている遺構もこのような形で保存されているので見学することができます。

チェコへ行こう! day4

アニメで見たような自転車も展示されていました。

チェコへ行こう! day4

さらに、中世の衣装の試着コーナーもありまして、コスプレ体験もできちゃいますよ。

チェコへ行こう! day4

チェコへ行こう! day4

お城の見学をするならば、この博物館もぜひ訪れてみてください。

リトミシュル城についての詳細はこちらからどうぞ。
Czech Republic – リトミシュル城と城館敷地の景観地区

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録