チェコのブルノにある聖ヤコブ教会納骨堂 頭蓋骨とアートの展示で人間の生と死について考える【閲覧注意】 #visitCzech #link_cz #チェコへ行こう #brno #ブルノ

スポンサーリンク

チェコのブルノで不思議な場所を案内していただきました。
それはBrno Ossuary 聖ヤコブ教会納骨堂です。

チェコへ行こう! day6

※以下では人間の頭蓋骨の写真がはっきりわかる形で出てきますので閲覧注意でお願いします。

聖ヤコブ教会納骨堂とは

5万人以上の遺骨が埋葬されている、ヨーロッパでは2番目の規模の納骨堂です。
これだけの規模にも関わらず2001年に発見されたというものだそうです。
中世にコレラで亡くなった人や30年戦争での戦死者の骨がここにあるとのことです。

聖ヤコブ教会納骨堂に潜入

聖ヤコブ教会の隣に地下へと通じる入り口がありました。

チェコへ行こう! day6

Sponsored Link

この入口からは中に納骨堂があるだなんて全く想像することができません。
地下鉄や地下道の入り口とすら思ってしまうくらいです。
しかし、この下には我々の想像以上の世界が待ち構えています。

積み上げられた頭蓋骨の数々

そこにはおどろおどろしい世界があると思っていたのですが、意外にもそんな印象はありませんでした。
遺骨がアートと一緒に展示されているのです。

チェコへ行こう! day6

全体的に写すと骨だということがわかりませんよね。
でも近づいてみるとこの通り。

チェコへ行こう! day6

確かに、間違いなく頭蓋骨なのです。
頭蓋骨が柱になった展示もあります。

チェコへ行こう! day6

実際のところこれだけ数が多く、展示方法も工夫されていると怖いという感覚は全くなくなりますね。

チェコへ行こう! day6

むしろ美しさすら感じるくらいです。

チェコへ行こう! day6

いったいこの人はどのような人生を歩んでいたのだろうかと想像してみると時間を忘れそうです。
中には頭蓋骨だけでなく、おそらく大腿骨のようなものもありました。

チェコへ行こう! day6

ここにある骨は納骨堂のごく一部です。

チェコへ行こう! day6

展示されていない骨がたくさんあるそうですよ。

中には穴が開いた頭蓋骨も

たくさん並んでいる頭蓋骨の中にはこのようなものもあります。

チェコへ行こう! day6

右の目の上に穴が開いているのがわかりますかね。
こちらもですね。

チェコへ行こう! day6

戦争による傷もあるでしょうが、脳の手術で開けた穴もあるそうですよ。

まとめ

この聖ヤコブ教会納骨堂にはたくさんの方の遺骨が収められています。
名前も顔もわからない人々ですが、確かに生きていた証がここにある遺骨です。
このブルノの地下空間でぜひ命について考えてみるのもいいかと思いました。

聖ヤコブ教会納骨堂についての日本語の案内はこちらから。
Czech Republic – ブルノの聖ヤコブ教会納骨堂

チケット等についての詳細はこちらから。
Ossuary underneath the Church of St. James | TIC města Brna

とくとみぶろぐのチェコに関する記事はこちらにまとめてあります。
とくとみぶろぐのチェコの旅についての記事まとめページ

この記事はチェコ政府観光局Linkトラベラーズの企画に参加して作成されたものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録