「本物の魚」が食べられる網元の宿ろくやの夕食は魚尽くしで大満足 『冬の南房総の旅』 その6


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

2月7日。
千葉の南房総に行ってきました。
この日の宿泊場所は網元の宿 ろくやです。
今回は宿の夕食をたっぷりと紹介していきます。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

ろくやでの食事は館内の食堂でとなります。
各テーブルは仕切りで隔てられているのでプライベート感があります。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

テーブルにつくと、目の前に「本物の魚宣言」が高らかに謳われていました。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

網元の宿ろくやでは、毎朝、自分の船で漁に出掛け、自分の網で新鮮な海の魚を水揚げしています。「魚の本当の味」を心ゆくまでお楽しみください。

Sponsored Link

どんな魚を食べさせてくれるのか楽しみですね。
まずは先付けの雲子玉地蒸し、紫蘇麸田楽、ホタルイカ旨煮の3品です。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

器のひとつひとつまで気を配っているのがわかります。
次は里芋湯葉餡かけ。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

ここまでは大人の味が続いていて、実は僕が食べられるものがなかったわけですが、次からは僕の好きなものが出てきます。
地魚大漁舟盛り。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

どんな魚がここに入っているかは、こちらのろくや名物舟盛り乗員名簿に記載されています。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

開いてみると、そこには12種類の魚が出ていました。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

スタンプ方式なのは、季節によってとれる魚が違うからでしょうね。
これだけ盛られていると、どれがどれだかよくわからないけど、全部美味しくいただきました。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

次は烏賊のワタ焼。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

そして八寸の栄螺旨煮、海老艶煮、鴨塩蒸し、鱈柚香焼き、芹菊菜みぞれ和え。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

さらに中皿の、牡蠣のパン粉揚げ、アイスプラントです。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

これだけのメニューが続くと、既にお腹いっぱいになってしまうかもしれませんが、メインはまだまだ続きます。

次は鮪の兜焼きです。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

え?これを解体して食べるの?と、ちょっと恐怖感も出てきますが、宿の方が全てやってくれます。
手際よく、ちゃちゃっと食べやすいようにしてくれますよ。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

見た目はグロテスクだったけど、身はもちろん美味しいです。
初めての兜焼きでしたが、ペロリと食べちゃいました。

次は丸六石焼鍋。
最初に出てくるのがこちらの鍋です。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

ここの大きな焼石を入れるわけです。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

一瞬でジュワーッと煙が出てきて、鍋もグツグツになります。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

これでしばらくは熱々の鍋が食べられるというわけです。
で、この汁が美味しいのなんのって。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

とろろご飯も出てきているので、ご飯と鍋だけでも十分と思ってしまうくらいでした。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

最後はデザートです。

冬の南房総の旅 2015年2月7日

全部美味しくて、残さず食べたくなってしまうので、これ以上ないというくらいお腹が膨れてしまいました。
でも、これは幸せな苦しさですよね。
こんな感じで大満足なろくやでの夕食でした。

食欲が満たされたら、次は温泉ですね。
ろくやにはお風呂がいっぱいあるので、コンプリートを目指すのが楽しかったですよ。
その話はまた次回。
続く。

ろくやについての詳細はこちらからどうぞ。
網元の宿 ろくや

場所はここらへんです。

冬の南房総の旅
南房総フリー乗車券で特急新宿さざなみに乗って秋葉原から館山へ 『冬の南房総の旅』 その1
千葉県館山の町中で神々しい空気をまとったネコに出会う 『冬の南房総の旅』 その2
千葉県館山にある温泉宿の花しぶきで日帰り入浴をしてみる 『冬の南房総の旅』 その3
海を望む休暇村館山の温泉とレストランを堪能してみた 『冬の南房総の旅』 その4
千葉県の岩井にある温泉宿とは思えないおしゃれな空間がたくさんある網元の宿ろくやに宿泊してみた 『冬の南房総の旅』 その5
「本物の魚」が食べられる網元の宿ろくやの夕食は魚尽くしで大満足 『冬の南房総の旅』 その6←今ここ
岩井にあるろくやの5つの温泉風呂を写真付きで全部紹介! 『冬の南房総の旅』 その7
岩井にあるろくやの食事は新鮮さが売り!朝食の魚も豆腐もプリンも全部美味しかった話 『冬の南房総の旅』 その8
シーズンオフの千葉県岩井の海岸をのんびり歩いてみる 『冬の南房総の旅』 その9
千葉県の岩井で出会った元気な3匹のネコたち 『冬の南房総の旅』 その10
千葉県岩井の井戸ポンプ3つと浜金谷にある天然温泉海辺の湯 『冬の南房総の旅』 その11(最終回)

撮影機材は以下のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム