「港区海岸1丁目」と貨物線遺跡

スポンサーリンク

以前のブログに「港区海岸1丁目」というラジオ番組について書きました。

千倉真理さんがDJをやっていて、番組タイトル通りに港区海岸1丁目の倉庫街にあるスタジオから日曜日の早朝に放送していた番組です。

その倉庫外は竹芝桟橋と日の出桟橋の中間くらいにありました。

番組途中でスタジオから出て倉庫街から放送するコーナーがありました。

当時は倉庫街への出入りは自由だったのでリスナーの人々がラジオ片手にそこに集まっていたものです。

僕もたまに行ったりしていました。

今では竹芝桟橋や日の出桟橋、その周辺の倉庫街は整理されてすごくきれいな場所に変わってしまいました。

今ではもう当時の面影は全くない場所に変わってしまいました。

そんな場所に久々に訪れてみたのです。

浜松町の駅から東京湾方面に歩いていくと、高速道路をくぐり、ゆりかもめをくぐると竹芝桟橋です。

20年前には、現在ゆりかごめが走っている真下に線路があった記憶があります。

それは貨物線なのですが、当時既に廃止された廃線だったんじゃないかな。

今ではもちろん線路は残っていません。

そこを渡って右側に少しいったところにスタジオがあった気がするのですが、記憶もはっきりしないし、ホテルなどができて当時とまったく景色が違うのでどこがスタジオだったのかさっぱりわかりませんでした。

まあ仕方がないことです。

なので、竹芝桟橋から東京湾を眺めて当時に思いをはせたりしました。

その後は貨物線の廃線跡でも探してみようかと竹芝桟橋から日の出桟橋、そしてレインボーブリッジの方まで歩いてみました。

すると運河にかかった橋から何やら古い橋桁のようなものを発見。

20071006-03.JPG

20071006-04.JPG

この2つに貨物線の鉄橋がかかっていたものと思われます。

今ではもう遺跡となってしまいましたが・・・

東京都港湾局専用線の春海橋みたいに橋だけでも残してあったらよかったのに。

さらに歩くと古い倉庫のようなものが!

線路跡っぽいところにあったのでもしかしたら車庫跡じゃないかと思ったのですが、すぐ側に警備員さんがいたので撮影は断念。

うーん、中に何があるのかすごく気になる。

といった感じで、今回は貨物線の跡をほとんど発見することができませんでした。

橋桁のみが収穫です。

でも「港区海岸1丁目」を見に行く時の道をたどれたことだけでも大満足の1日でしたよ。

今日の1枚。

20071006-02.JPG

日の出桟橋に残っていた昔ながらの倉庫と飛行船。

全てNikon D40xで撮影した写真です。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録