雑誌「旅と鉄道」2008年10月号 特集「北の旅」

スポンサーリンク

雑誌「旅と鉄道」の2008年10月号を読みました。

この号から価格、内容を一新ということでどうなるか楽しみにしていましたが、これまでより若干グレードダウンしたかのように感じてしまいました。

記事はおそらく編集部によるものと、フリーライターのものがあるように見えて、フリーのライターの記事が文章の技巧面に重きを置いているようで楽しさがあまり伝わってこないものが多かったような気がしたのです。

しかし、カメラマンが同行している企画記事はビジュアル面でも内容面でもとても満足のいくものでした。

今回の特集が「北の旅」だったので、僕の好きな東北地方と北海道の旅が紹介されていたからというのもあるでしょうが、その土地の自然、建築物、そして鉄道と廃線跡が余すところなく書かれていたというのが満足の要因でしょう。

特に函館本線の長万部から小樽への旅行記は現在と過去が記述された立体構造をしており、東京にいながら北海道に触れるという空間的飛躍だけでなく、過去に函館本線を走っていた列車や既に廃止されている岩内線について触れていたりと時間的飛躍も感じることができたと思います。

このように、技巧に走らず感性の赴くままの文章が旅の面白さを伝えてくれるものだと思いますので、価格が上がっている分、次号以降はもっとボリューム感あふれるこれまで通りの紀行記事を期待したいと思います。

旅と鉄道 2008年 10月号 [雑誌] 旅と鉄道 2008年 10月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録