「ピカソをめぐる旅へ。」 雑誌Pen 2008年10月15日号

スポンサーリンク

雑誌Penの最新号10月15日号を購入しました。

今号の特集は「ピカソをめぐる旅へ。」です。

現在サントリー美術館と国立新美術館でピカソの回顧展「tokyo PICASSO」が開催されています。

ピカソ×東京 史上空前! 巨匠ピカソ2つの展覧会『魂のポートレート』と『愛と創造の軌跡』(+SIGHT)

これと時期が完全にかぶって発売されたのは決して偶然ではないでしょう。

せっかくの機会なので今号のPenを読んでからこの展覧会に行くのもいいでしょう。

さて、この特集「ピカソをめぐる旅へ。」では世界各地に点在するピカソの作品を収蔵した美術館が紹介されています。

スペイン、フランス、アメリカ、日本と様々な美術館にどの作品があるのかが写真付きで詳しく解説されているのです。

例えばスペインの国立ソフィア王妃芸術センターには「ゲルニカ」「青い服の女」「肘をついて腰かける少女」といった時代が異なる作品が展示され、ニューヨーク近代美術館(MoMA)には「アビニョンの娘たち」などが展示されています。

ピカソは生涯で約15000点の作品を残したと言われており、さらにそれが世界各地に散らばっています。

一体どの作品がどこにあるのかが、素人にはさっぱりわからなくなってしまうので、このように場所ごとに作品を整理してもらえると非常に助かるのです。

この1冊があれば、世界ピカソツアーも可能でしょうね。

この本でしっかりピカソについて予習して、現在開催中の「tokyo PICASSO」で実際にピカソの作品を見てみようと思います。

Pen (ペン) 2008年 10/15号 [雑誌]
B001G69QJI

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録