かつての赤線地帯の貴重な写真資料 木村聡「赤線跡を歩く」

スポンサーリンク

木村聡さんの「赤線跡を歩く」を読みました。


赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて

かつて存在していた赤線地帯の町を訪ねて、残存している建物の写真を撮影したものを記録したのが本書です。

訪れた地域は計37都市にのぼり、その膨大な写真は著者の長年に渡る研究心の賜物だと思います。

東京では吉原、洲崎、千住、品川、新宿、亀戸など、関東地方では松戸、横浜、横須賀、土浦、宇都宮、関西では飛田、枚方などが出てきます。

実にたくさんの地域を訪れており、さらにそれぞれに特徴がある建物があることがわかります。

豆タイルや曲面が多様された装飾、奥まった入り口、みごとなファサードなどなど。

今現在では赤線は消滅しており、廃止から時間がかなり経っていることから残っている建物はだんだん少なくなってきています。

そのほとんどが取り壊されていると言ってもいいでしょう。

そういった意味で、本書に掲載されている写真の記録的価値も高いと思います。

町を散歩する時にかつて赤線として営業していた建物を探してみるといのもひとつの見方になると思います。

お散歩ガイドとしても役立つ1冊になるでしょう。

(本書は1998年に出版され、2002年に文庫化さらたものなので、掲載されている建物もほとんどが取り壊されてしまっていると思われます)

赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫)
赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫)

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録