シグマの望遠レンズ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ニコン用を購入

スポンサーリンク

定額給付金でデジタル一眼レフカメラ用のレンズを購入しました。

シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ニコン用 II
B0012X43P2

望遠はNikon D40xとセットで合わせて55-200mmのものを購入していたのですが、もうちょっと望遠域があるものが欲しかったのと、どうせならマクロ撮影できるものもと思ったので、その両方の条件が合うこのシグマの70-300mmを選択しまいた。
さらに定額給付金+αという価格設定も購入決定の大きな要因だったのは言うまでもありません。

このレンズは通常の望遠ズームとして70-300mmが使用でき、マクロレンズとして200-300mmを使用できます。
通常とマクロの切り替えはスイッチひとつで簡単にできるようになっています。
通常の場合の最短撮影距離が150cm、マクロの時は95cm。
200-300mmだからマクロでも1m近い距離が必要なんですしょうね。

さて、レンズをカメラに装着してみた第一印象は、とにかくでかい!
今まではニコンの18-50mmの標準ズームレンズばっかり使っていたから、その大きさと重さの違いにびっくりです。
でも重くても安くてそれなりの性能がありそうだったのでよしとしましょう。

といったところで、さっそく試し撮りをしてきたました。
まずは195mmの望遠端で普通にあじさいを撮影。

次に300mmのマクロで同じあじさいを撮影。

なんだかよくわからないけど、人間の目で普段捉えている世界とは全く異なる世界なのでかなりびっくりしました。

今度はあまりより過ぎないで同じ300mmのマクロで罰のあじさを撮影。

これくらいの距離をとって撮影するのもいいかも。
マクロの撮影も楽しそうなので、今後はこのレンズもちゃんと散歩や旅行の際には持ち歩こうと思っています。
今までとは全く違う世界を表現できそう。

シグマの70-300mm望遠マクロレンズの詳細はこちらからどうぞ。
シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ニコン用 II

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録