キヤノンの最新デジカメ PowerShot S100について開発者からお話を聞くイベント「「コンデジの匠が語る」キヤノン最新コンデジ ブロガーミーティング」に参加してきた

スポンサーリンク

FansFansの案内でキヤノンの最新コンパクトデジカメについての話を開発者の方から聞くことができるというイベントに参加してきました。
11月10日(木)開催:「コンデジの匠が語る」キヤノン最新コンデジ ブロガーミーティング

会場に入る前の受付でいきなり「ブラックかシルバーをお選びください」と言われたのです。
そう、このイベントはお話を聞くというだけでなく、12月上旬に発売されるCanon PowerShot S100のモニターもさせていただけるというものだったのです。
僕は黒モデルを選択しました。


(REGZA Phone T-01Cで撮影)

まずはこのコンデジをいじくる前にトークセッションです。

このPowerShot S100開発の第一の指令となったのは「薄暗い居酒屋でも、いい画が撮れるカメラを作れ」だったそうです。
これまでS90、S95と人気コンデジを作ってきたCanonがさらなる上の高みを目指そうとして、キヤノンのコンパクトデジカメ史上最高傑作がついに完成したそうです。
最高傑作だと自信をもって言うことができるポイントを開発者の方から聞くことができました。

・DIGIC5
技術的なことはよくわからなかったのですが、とにかくこれまでのコンデジで採用していたDIGIC4という映像エンジンからバージョンアップすることができ、当初の指令である「薄暗い居酒屋でも、いい画が撮れるカメラを作れ」というものを見事にクリアすることができたそうです。

・12.1メガ自社開発CMOSセンサー
他社のCMOSセンサーを使用するのではなく、Canon独自でこだわりをもったセンサーの開発に成功したそうです。
これによりDIGIC5との相互作用によりさらなる高画質を達成できるようになったとのことです。

・F2.0、24mmのレンズ
暗所でも強いF2.0と広角24mmから望遠120mmまでのレンズにより、歴代Sシリーズよりも様々な撮影シーンにより適応できるものです。

以上のポイントをクリアすることによって完成したこのPowerShot S100のキャッチフレーズは「COMPLETE EYE.」。
さて、どんなCOMPLETE EYE.を見せてくれるのかさっそくイベント会場内で試しどりしてみることになりました。

まずはテーブルにあった花から。

次にテーブルにあったロウソク。

会場の廊下にあった壺。

さらになぜかジオラマもあったので俄然撮影熱が高まってきましたよ。

まるで僕のために用意してくれていたかのようなアイテムです(笑)
ではこのジオラマの中に入って撮影していきましょう。

光量不足で風景と一緒に列車を写し止めることは不可能だったので、列車はあえてぶらす方向で。

こんな昔懐かしい景色が見られる場所が今もあるといいのですけどね。
こんな駅の風景もいいですね。

最後はズバッと流し撮り!

このジオラマの前に座り込んで思わず何枚も撮影してしまいました。
しかも流し撮りは何回もチャレンジしていたので、きっとこの場にいた方々は何をおかしな動きをしているのだろうと奇異な目で僕を見ていたことでしょう(笑)

最後に会場から見えた夜景を1枚。

会場で試し撮りをしてみましたが、まだまだこのPowerShot S100の実力の程がつかめていません。
ほんの数枚撮っただけではわかりませんよね。
というわけで、モニター期間は1ヶ月ちょっとありますので、その間に様々なシーンでの撮影を試みようと思います。
主に鉄道絡みになることが多いと思います。
コンデジでの鉄道撮影となるとシャッタースピードの面で厳しいところも出てくるかもしれませんが、それは工夫でカバーできればと思っています。

このPowerShot S100についてはCanonの公式サイトでスペシャルコンテンツが公開されております。
COMPLETE EYE. PowerShot S100スペシャルコンテンツ

また、12月8日の銀座と梅田を皮切りに、永瀬正敏さん、道端アンジェリカさん、豊田エリーさんの3人がPowerShot S100で撮影した写真の写真展が開催されます。
PowerShot S100 特別企画展 REALTIME 3

さらにPowerShot S100に内蔵されたGPS機能を用いた箱根PHOTO TOURINGの模様も紹介されています。
旅まるごとパワーショット PowerShot S100 箱根PHOTO TOURING

これらのコンテンツを見ると、これからPowerShot S100を使う楽しみがどんどんアップしてきます。
365 DAYS OF TOKYOでもPowerShot S100で撮影した写真を公開していきますよ。

Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター
Canon デジタルカメラ PowerShot S100 ブラック PSS100(BK) 1210万画素 広角24mm 光学5倍ズーム 3.0型TFT液晶カラーモニター

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録