小岩井農場プロデュースの東洋文庫内にあるオリエント・カフェでふわとろオムライスを食べてきた!

スポンサーリンク

先日駒込にある東洋文庫に行ってきました。
目的は館内にあるオリエント・カフェというレストランでランチをすることです。

東洋文庫とは東洋に関する資料が収蔵された図書館です。

入り口には様々な言語で「ようこそ」という意味の言葉が書かれています。
この館内の一角に今回訪れたオリエント・カフェがあります。

オリエント・カフェは岩手県の小岩井農場厳選のメニューが揃っているということなので、小岩井ファンである僕が行かないという選択肢をとるわけにはいきません。
それではメニューを見てみましょう。

この日はマルコポーロセットを注文しました。
小岩井農場たまごのふわとろオムライス、サラダ、デザート、珈琲または紅茶というセットになります。
座席は東洋文庫の中庭に面したこちらに案内してもらいました。

建物の中以外にも中庭側の外にも席があるので気候がいい時にはそちらでもいいかもしれません。

まずはサラダです。

レタスやパプリカなどにフレンチドレッシングがかかっていました。
そしてメインのふわとろオムライスです。

トマトのソースはオムライス自体の上にかかっているのではなく、横にあるというスタイルです。
ソースを卵の上にかけていただきます。

美味しい!
新緑に彩られた景色を眺めながらの食事なのでさらにそれが美味しさをアップさせてくれているかのようでもあります。

デザートはいちごのアイスです。

このアイスの味が丸ごといちごでアイスを食べているのかいちごを食べているのかわからなくなるくらいのいちご味なのです。

最後にホットコーヒーをいただいてランチを終えました。

これで1500円なのですから、なかなかお得だと思いますよ。
お店の雰囲気もいいし、これからちょくちょくおじゃますることになるかもしれません。

最後に中庭側から眺めたレストランの外観です。

気持ちよさ気な景色ですよね。
六義園も近いのでお散歩とランチを合わせたお出かけにも最適だと思いますよ。
詳細はこちらからどうぞ。
東洋文庫 Orient Cafe オリエント・カフェ|produced by 小岩井農場

場所はこのへんになります。


大きな地図で見る

写真はNikon D90+Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gで撮影したものです。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録