SIGMA新商品体感イベントでシグマの超望遠ズームレンズ Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMをNikon D7000に付けてテスト撮影してみた

スポンサーリンク

12月13日。
原宿にある東京カメラ部で開催されたシグマ 新製品体感イベントに参加してきました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

そこでSIGMA 超望遠ズームレンズ Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMの開発話を聞いた後、実際に1時間レンズをお借りして試し撮りをしてみました。
使用したカメラはNikon D7000です。
APS-Cのカメラなので、レンズは換算225-900mmということになります。
今まで換算450mmまでのレンズしか使ったことがなかったので、その倍の900mmの世界は想像すらできませんでした。
以下、本文ではAPS-Cサイズでの焦点距離で表記します。
まずは原宿駅を150mmで撮ってみました。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

尖塔部分がだいぶ小さく写っています。
次は300mm。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

そして600mm。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

ここまでズームできちゃうのですね。

Sponsored Link

ところで、このレンズの重さは2860gで、約3kgです。
僕の筋力ではとてもじゃないが手持ちでの撮影は不可能ですが、この日はがんばって手持ちでチャレンジしてみました。

次は鉄道を撮ってみます。
せっかくなので600mmで。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

なんだろう、この世界。
こんなのが撮れるというイメージはありませんでした。
次は山手線です。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

編成全部が入っちゃいました。
それにしてもものすごい圧縮のされ方ですよね。
びっくりです。

それでは代々木公園に入ってみましょう。
まずは入口の屋台で肉まんの煙から。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

クリスマスの飾り付け。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

落ち葉。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

3枚とも600mmです。
もう少し600mmを続けます。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

何ていう名前の鳥かわかりませんが、結構離れた場所にいるトリも撮れました。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

次は600mmではない焦点距離の写真です。

500mm。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

550mm。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

広角端の150mm。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

そして270mm。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで撮影

テスト撮影してみて感じたのは、「こんな絵が撮れちゃうんだなあ」ということです。
最初は600mmはイメージできない世界でしたが、だんだん慣れてはきました。
でも、レンズの重さには慣れません(笑)
すっかり筋肉痛になりました。
三脚、もしくは一脚は必須ですね。

今回は1時間という時間制限があったために、鉄道を本格的に撮ることができませんでした。
もし機会があれば、このレンズで一日都電荒川線沿線を歩きながら撮影してみたいです。
直線区間で正面からとったら迫力があるだろうなあ。

という感じで、シグマのSportsラインの150-600mm超望遠ズームレンズの実写レポートでした。

イベントレポートはこちら。
SIGMA新商品体感イベントでシグマの超望遠ズームレンズ Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMの特徴を聞いてきた

SIGMA 超望遠ズームレンズ Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応 740542
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録