420円の特急券で快適な座席に座ることができる西武新宿線の特急小江戸号に本川越から西武新宿まで乗車してみた

スポンサーリンク

西武新宿線の西部新宿と本川越間を走る特急小江戸号があります。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

特急列車と言いますと、きっと料金がお高いのだろうというイメージがありますが、全くそんなことはなかったというお話しです。

今日、埼玉県の川越をほんのちょっと散策した後、新宿に用事があったのでさてどうやって行こうかと考えました。
ルートとしては3つです。

1.川越駅からJR川越線の埼京線への乗り入れ列車に乗る
2.川越駅から東武東上線乗り、池袋で山手線に乗り換える
3.本川越駅から西武新宿線に乗る

Sponsored Link

乗車券は以下の通り(2015年2月2日現在)。

1.埼京線、756円(ICカード利用)
2.東武東上線→山手線、617円(ICカード利用)
3.西武新宿線、494円(ICカード利用)

別途特急料金がかからない列車に乗る場合の乗車時間はどうかと言いますと、だいたい平均的に以下のように時間になりました(2015年2月2日現在)。

1.埼京線 56分
2.東武東上線→山手線 42分
3.西武新宿線 60分

金額、時間、乗り換え回数を考えると非常に悩ましいところです。
僕は、時間がかかっても、安くて乗り換えなしで本川越から西武新宿まで行くことができる西武新宿線に乗ることにしました。
ところが、本川越駅のホームに行ってみると、こんな列車が見えてきたのです。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

そう、冒頭にお話した特急小江戸号です。
この時、時間は15:30。
発車時間は15:34です。
改札内にICカードで入ってしまって、特急券は持っていません。
でも大丈夫。
ホームに自動券売機があるのですよ。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

試しに特急券がいくらになるか確認してみました。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

大人1枚420円です。
通常の乗車券にプラスすること420円で特急小江戸号に乗ることができてしまうのです。
もう迷っている時間はありません。
ポチッと特急券を購入していました。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

西武新宿線の特急列車はオールクロスシートです。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

この座席に420円をプラスするだけで座ることができるのです。
西武新宿線の急行列車や準急列車は特別料金を支払うことなく、乗車券のみで乗車することができますが、通勤列車タイプのロングシートなので座り心地は快適とは言えません。
でも、この特急小江戸号は進行方向に向かって座ることができるし、座席はリクライニングするし、前の座席までのスペースもたっぷり、ゆったりです。

肝心の乗車時間は45分です。
西武新宿線の急行列車は60分かかるので、15分短縮されます。

ここでもう一度川越から新宿へ行く際の路線比較をしてみましょう。

料金
1.埼京線、756円(ICカード利用)
2.東武東上線→山手線、617円(ICカード利用)
3.西武新宿線、494円(ICカード利用)
4,西武新宿線特急小江戸号 914円(494円(ICカード利用)+420円(特急料金))

時間

1.埼京線 56分
2.東武東上線→山手線 42分
3.西武新宿線 60分
4.特急小江戸号 45分

確かに小江戸号は他のパターンと比較するとちょっと高くなります。
でも時間は最速の東武東上線とほとんど変わらず、必ず座れる快適な座席が用意されています。
これならば420円の特急券を購入して特急小江戸号に乗るのも悪くはないのではないかと思いました。

さて、車窓風景ですが、基本的に住宅街を走るので絶景が広がるなんてことはありません。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

でも、ゆったりコーヒーを飲んだり、本を読んだりしているうちに西武新宿駅に到着してしまいます。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

何と言っても快適に座ってこられるというのが最大の特徴ですね。

川越散歩 特急小江戸 2015年2月2日

というわけで、今後川越から新宿まで行くという機会は早々ないとは思いますけれども、これからチャンスがあったらこの特急小江戸号をまた利用しようと思います。
420円でちょっとした贅沢ができるのですから、皆さんも選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

西武鉄道の特急列車についての詳細はこちらを参照してください。
特急レッドアロー号のご案内:西武鉄道Webサイト


スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録