CP+ 2015で気になったもの タムロンの超広角ズームレンズSP 15-30mm F2.8 Di VC USD Model A012で海外の街並みを撮影してみたい

スポンサーリンク

昨日、パシフィコ横浜で開催されているCP+に行ってきました。
カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2015

各社が新製品を続々と発表、展示している中で、僕が一番見てみたかったのはTAMRON 大口径超広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8 Di VC USD ニコン用 フルサイズ対応 A012Nです。

CP+ 2015 パシフィコ横浜 2015年2月12日

僕が現在しようしているレンズで一番広角なのはNikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応です。
それよりもはるかに広角で、ワイド端が15mm、テレ端が30mm、しかもF値が通しで2.8、さらに手ブレ補正も付いているというスペックです。

CP+ 2015 パシフィコ横浜 2015年2月12日

Sponsored Link

普段の僕の街撮りスタイルならば、ここまでの広角はいらないかもしれないけど、建物内部での撮影でもっと広角が欲しいと思うことは多々あります。
また、海外などの見知らぬ街を撮影する時にもとにかく広く撮りたくなることもあるかもしれません。
そんな時にこの超広角ズームレンズがあったら便利だろうなと思いました。

CP+ 2015 パシフィコ横浜 2015年2月12日

タムロンブースでの展示品はNikon D610に装着されていました。

CP+ 2015 パシフィコ横浜 2015年2月12日

僕のと同じカメラです。
持ってみると、かなりずしりとして大きく感じました。
それもそのはず、重さは1.1kgです。
気合を入れないと街歩きには重さがこたえるかも。
でも、このレンズで海外の街を撮ってみたいなあ。

CP+ 2015 パシフィコ横浜 2015年2月12日

タムロンの中の人が気前よく貸してくれるなんてことを夢みたいと思います。

TAMRON 大口径超広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8 Di VC USD ニコン用 フルサイズ対応 A012N
by カエレバ

 

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録