大沢館の決して豪華ではないけれども温泉宿らしさいっぱいの朝食『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その11

スポンサーリンク

6月7日。
旅の2日目。
今回は新潟県にある大沢山温泉 大沢舘での朝食を紹介します。
朝食のスタートは8:00です。
準備ができたら部屋の電話にかけてきてくれます。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

夕食に比べるとさらにシンプルさが増している気がします。
それでも普段の自宅での僕の朝食とは比べ物にならないくらい品数が多いので、僕にとっては相当豪華な朝食です。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

ご飯は夕食と同様にこちらに入ってきます。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

Sponsored Link

米どころの新潟なので美味しいこと間違いなしです。
おかずは計5品です。
そのうちいくつか見て行きましょう。
こちらは僕がちょっと苦手な大人用の食べ物。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

温泉卵。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

昔懐かしい味のドレッシングがかかったサラダ。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

そして魚。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

見た目がちょっと怖かったのですが、食べてみたらむしろ美味しかったのが意外でした。
頭からバクバク行きましたよ。

旅館の朝食には欠かせない海苔もちゃんとあります。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

ドリンクはオレンジジュース、トマトジュース、牛乳の3つの中から選ぶことができます。
牛乳好きな僕はもちろん牛乳です。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

食べられないものもあったけど、その分館内食べ放題メニューのお餅を食べていたので、お腹は十分満足となりました。

食後のコーヒーはフロント前に用意されています。

大沢山温泉 大沢館への旅 & 塩沢 2015年6月7日

こちらも自由に飲んでいいようになっていました。

こんな感じでいっぱい食べて、たくさん温泉に入って、のんびりと過ごすことができた大沢館での宿泊となりました。
周囲に何があるというわけでもないので、のんびりしかすることがないというのがポイント高いです。
東京から2時間ちょっとで行ける宿なので、温泉でのんびりしたくなったらぜひ訪れてみてください。

次回は上越線塩沢駅前で開催されていたつむぎ通り軽トラ市を紹介します。
続く。

大沢館についての詳細はこちらからどうぞ。
大沢山温泉 大沢舘

場所はここらへんです。

新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅
上越新幹線越後湯沢駅の改札を出てすぐの小嶋屋でへぎそばの味と意味を知る 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その1
越後湯沢駅内のぽんしゅ館越乃室で500円でおちょこ5杯分の日本酒試飲をしてみた 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その2
越後湯沢の糀カフェの糀ラトと糀ソフトクリームが最高に美味しかった話 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その3
上越線大沢駅で115系とほくほく線の電車及び周辺の田んぼがある風景を撮影 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その4
木の香りが漂うレトロ感でいっぱいな大沢山温泉大沢館の館内を紹介 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その5
へちま、軽石、衣紋掛け、謎の薬、宿泊した大沢館の部屋が楽し過ぎた話 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その6
夕焼け空を反射する大沢館の露天風呂の美しさ 『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その7
ちまき、お餅、おにぎり、トマト、きゅうり、焼き芋、ところてん、アイスが全部食べ放題!『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その8
大沢館のシンプルで味わい深い夕食を写真付きで紹介『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その9
緑と花に満ち満ちた大沢館周辺の山を朝散歩してみた『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その10
大沢館の決して豪華ではないけれども温泉宿らしさいっぱいの朝食『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その11←今ここ
上越線塩沢駅前のつむぎ通りで開催されていた軽トラ市『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その12
雁木がある雪国の昔の街並みを復活させた塩沢の牧之通りを歩く『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その13
塩沢の牧之通りにあるOHGIYAでおしゃれなワッフルランチを食べてみた『新潟県の大沢山温泉大沢舘へののんびり旅』 その14(最終回)

撮影機材は以下のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録