静岡駅の駅弁屋さんの東海軒で販売されている500円のさんま蒲焼丼が美味い!

スポンサーリンク

5月14日(土)15日(日)に静岡県で開催されたグランシップトレインフェスタ2016に参加してきました。
イベントが終了して東海道新幹線で東京へと帰るのですが、その際に毎年楽しみにしているのが、車内で何を食べるかです。
最近は静岡駅構内の東海軒のお店で駅弁を買うのにはまっています。
今回購入してみたのはさんま蒲焼丼です。

グランシップトレインフェスタ2016

見たところ、コンビニ弁当のようなパッケージではありますが、東海軒から発売されていて、東海軒の駅弁コーナーで売られていたので、立派な駅弁と言ってもいいでしょう。
箸入れにはちゃんと「東海軒」のロゴも入っていますしね。

グランシップトレインフェスタ2016

Sponsored Link

でも、東海軒のウェブサイトを見るとさんま蒲焼丼はパック系弁当関係というところにカテゴライズされており、駅弁関係のカテゴリーとは別になっています。
静岡駅構内直売店 – 静岡駅前、駅弁の東海軒

従って、今回のさんま蒲焼丼は厳密に言うと駅弁とは違うのかもしれないですが、ま、細かいところは気にするのはやめましょう。

さてさて、それではいただきましょうかね。

グランシップトレインフェスタ2016

さんまの蒲焼にはたっぷりと甘辛いタレがかかっているので、テカリがあって美味しそうに見えます。
さんま以外にはレタスが何枚か入っています。
これで500円というお値段です。
さんま自体はちょっと固めで噛みごたえがありました。

グランシップトレインフェスタ2016

でも、これが美味しいのですよ。
缶詰のさんまが美味しいように、この東海軒のさんまも当たりです。
量はそんなに多くはないので、おやつにお菓子でも買っておくといいかもしれませんね。
それでも1000円クラスの駅弁を買うよりはずっとリーズナブルだと思います。
これまでは東海軒と言えば鯛めしというイメージがありましたが、これからはこのさんま蒲焼丼も購入レパートリーに加えようと思っています。

駅弁の東海軒についての詳細はこちらから。
静岡駅前、駅弁の東海軒

写真はNikon D610+Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDで撮影し、市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録