吉野家の麦とろ牛皿御膳が美味い!とろろ好きな人にはぜひ食べることをオススメする一品ですよ

スポンサーリンク

久々に吉野家に行ってきました。
定番の牛丼が食べたいと思ったのではなく、お店の前を通りかかった時に麦とろ牛皿御膳の大きなポスターが目に入ってきて気になったからです。
というわけで、さっそく注文。
出てきたのがこちらです。

iPhone 6 Plusで撮影

並盛で580円のものです。
ちなみに大盛だと680円になります。
それでは一皿ずつ見ていきましょうかね。
まずはご飯からです。

iPhone 6 Plusで撮影

Sponsored Link

しっかりと大麦が入っていますね。
実は最近我が家でもごはんを炊く時には白米に大麦を混ぜています。

次はとろろ。

iPhone 6 Plusで撮影

こちらがこのメニューの主役ですね。
完全にすり潰されていない山芋の川の茶色い部分も見えます。
これぐらいだと歯ごたえもあっていいですよね。

おくら。

iPhone 6 Plusで撮影

さらにネバネバ成分が欲しい方には嬉しいでしょう。

お味噌汁。

iPhone 6 Plusで撮影

そして牛肉。

iPhone 6 Plusで撮影

これだけついてきて、並盛580円というのはお得だと思いますよ。

それではいただきましょうかね。
まずはとろろをよくかき混ぜてからご飯の上へ。

iPhone 6 Plusで撮影

これだけで食べてもいいのですが、せっかく牛肉もあるのですから、とろろご飯と一緒に食べてみましょう。

iPhone 6 Plusで撮影

美味い!
吉野家の牛丼はいつも美味しいわけで、とろろご飯も間違いなく美味しいです。
それらがプラスされてマイナスに作用するわけがないですよね。
この安定した味は癖になりそうで、また食べに来てもいいなと思いました。
今年の吉野家では麦とろシリーズにもう一品あります。

iPhone 6 Plusで撮影

880円の麦とろ鰻皿御膳です。
今度はこちらも食べてみたいですね。

吉野家の麦とろ御膳についての詳細はこちらからどうぞ。
麦とろ御膳|吉野家メニュー|吉野家

今回の写真はiPhone 6 Plusで撮影してみました。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録