赤羽駅構内にある舎鈴で坦々つけめんを汗をダラダラかきながら食べてみた

スポンサーリンク

最近辛いものをよく食べていますが、先日赤羽駅構内にある舎鈴でもやっぱり坦々つけめんを注文しちゃいました。

赤羽の舎鈴は駅構内にあるので例えば埼京線から京浜東北線の乗り換えの間にちょっと食事をするなんて時にすごく便利です。一度改札口を出ないでいいというのは気が楽です。ついつい立ち寄っちゃうなんてことがちょくちょくとありますね。

まずはつけめんのメニューを見てみましょう。

舎鈴 坦々つけめん

基本は小盛なのですね。並盛が+100円、大盛が+200円、特盛が+300円となります。僕はそんなにたくさん食べなくてもいいので、小盛にしておきます。で、最初にお話したように坦々つけめんを食べてみました。730円です。

Sponsored Link

カウンターに座ってから程なくして出てきたのがこちら。

舎鈴 坦々つけめん

おお、スープが辛そう!

舎鈴 坦々つけめん

いかにも辛そうなこの色は、見ているだけで汗が出てきちゃいそうです。でも美味しそうでもありますね。

麺は小盛です。麺の量は200gです。

舎鈴 坦々つけめん

実は舎鈴では2018年6月よりこれまでの並盛が小盛に、中盛が並盛にと変更されました。従ってこの小盛が一般的な並盛ですので、量もたっぷりとあるわけですね。

それではいただきましょう。

舎鈴 坦々つけめん

やや太めのもっちりとした麺が坦々スープによく絡みます。そしてやっぱり辛い!でも旨味もちゃんとあるので、ただ辛いだけでなく食が進みますよ。スープに具材はたくさん入っているし、麺の上にはメンマと海苔もありますので、味と触感に変化がつくのも嬉しいですね。結局大量の汗をダラダラとかきながらも完食しちゃいました。きっと近いうちにまた舎鈴の坦々つけめんは食べに行くと思います。

参考リンク
舎鈴 | 毎日食べられる美味しいつけめん。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録