はっきりくっきり見えないからこそ味があるシルエットの写真も好き

スポンサーリンク

シルエットって、はっきりくっきり見えないからこそ想像力をかきたてられますよね。僕自身、シルエット写真をよく撮っています。全てを語らずとも、見る人が新たな解釈をそこに込めてくれるような気がして、自然と多様な見方が生まれてくると考えています。今回は東京都内で撮影したそんなシルエット写真をとりとめもなく紹介していこうと思います。

例えばこんな感じです。

DSC_7145c

写真に音は含まれていませんが、声が聞こえてきそうだと感じました。

Sponsored Link

次は多摩川の土手の夕暮れ風景です。

DSC_6962c

雪が降った翌日の早朝、あらゆるものがキラキラ輝く世界の中にもシルエットが生まれました。

DSC_5210c

桜の花のシルエットも素敵です。

DSC_0408c

お月見写真はすすきをシルエットに。

世界貿易センタービル展望室からのお月見

雨上がりの夕暮れ時はシルエットの宝庫ですね。

東京路地裏散歩 2013年7月7日

日没の直前は普通の木もどこかドラマチックに見えます。

谷中・千駄木路地裏散歩

新宿の南口を歩く人々。

新宿駅南口にて

そして西日暮里の富士見坂から望む富士山。

富士見坂からの富士山

今は富士山の手前にマンションが建っているため、もうこの眺めはここにはありません。

2012年から2013年にかけては東京都内でシルエットを活かした作品作りもしていました。最近は撮影メインで散歩に出かけることがほとんどないので、また近々自分がイメージする世界を写真で表現してみたいですね。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録