大出館周辺の早朝散歩 大出館から元泉館やゑびすやまで歩いてみた 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その7


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

7月12日。
塩原元湯温泉の大出館に宿泊してきました。
宿泊翌日の朝。
朝食の時間は8時なので、その前にちょっとだけ宿の周囲を散策してみることにしました。
大出館の玄関には日本秘湯を守る会の提灯が出ていました。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

玄関を出て、建物を眺めてみましょう。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

そんなに古くはないですね。
ちなみに、この玄関がある階は3階です。
建物は崖沿いに建っているので、3階にフロントがあるのですよ。
宿泊した部屋と温泉は1階にあります。

それでは散歩を始めましょう。
まずは坂道を上ります。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

Sponsored Link

この季節は緑が豊かで、どこを見ても緑です。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

でも、上を見上げてみると真っ青な空があって、色合いが変わるのが楽しいです。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

大出館を出てすぐのところに遊歩道のスタート地点がありました。
舗装路を歩くより楽しそうなので、こちらに進んでいくことにします。
ただ、その入口に「クマに注意」の看板が出ているのが恐ろしいです。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

遊歩道は水たまりでほぼ水没していました。
その水の中をよく見るとたくさんのオタマジャクシがいるのですよ。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

この水たまりは雨でできた一時的なものではなさそうです。
なんとかこの水たまりポイントを抜けると、その先は残念ながら道が崩落していました。
人一人くらいは通れそうなスペースが見えましたが、危険なので無理するのはやめておきます。

この遊歩道とは逆側には舗装路があります。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

こちらの道を進んでいくことにします。
基本的に周囲は緑しかありません。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

まだ朝なので刺激が強過ぎず、心地よい色合いが目に飛び込んできます。
そんな中でたまに小さな花が咲いていたりするのが見えるのも楽しいです。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

しばらく道を進んでいくと、塩原元湯温泉の他の温泉宿へ通じる道がありました。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

せっかくなので見に行ってみることにしますかね。
坂道を下りきったところに塩原元湯温泉 秘湯の宿 元泉館がありました。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

白い建物の向こうに別の建物がありますよね。
あれが宿泊した大出館です。
大出館と元泉館はお隣さんなのですよ。
でも徒歩だと10分位はかかります。
崖を下りることができたらすぐに見えるけれども、残念ながらそのような道はないそうです。

元泉館の前からは沢に下りることができます。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

水を触ってみたら冷たくてむちゃくちゃ気持ちよかったですよ。
ちなみに、塩原温泉の町中と同様に、ここにもやたらとトンボがいました。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

元泉館の隣には塩原元湯温泉 ゑびすやがあります。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

宿の入り口には紅葉がありました。

塩原温泉大出館の旅 2015年7月12日

塩原温泉一帯は紅葉の名所ですからね。
きっと秋にはこんな紅葉が辺り一面に見られるのでしょうね。

ここからまた歩いて10分ほどで大出館に到着です。
適度に運動したなので、きっと朝食が美味しく食べられることでしょう。
次回は朝食の様子を紹介します。
続く。

大出館についての詳細はこちらからどうぞ。
塩原温泉 旅館 | 秘湯の宿 大出館 <公式ホームページ>

場所はここらへんです。

塩原元湯温泉大出館の旅
那須塩原駅から塩原温泉へバスで行くのにお得な塩原渓谷フリーきっぷ 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その1
釣ったマスをその場で調理してくれる塩原温泉のお勧め食事スポット 見晴台マスつり場 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その2
源氏の落人伝説と塩原の成り立ちを体感することができる源三窟(お出迎えのネコもいるよ) 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その3
塩原温泉の紫陽花が咲く箒川沿いの風景 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その4
真っ黒なお湯の墨の湯がある塩原湯本温泉の大出館の温泉と宿泊した部屋 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その5
肉や魚の山の幸、海の幸で満腹になることができる大出館の夕食 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その6
大出館周辺の早朝散歩 大出館から元泉館やゑびすやまで歩いてみた 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その7←今ここ
真っ黒な温泉の墨の湯で作ったお粥も食べられる大出館の朝食 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その8
360度の緑に囲まれた長さ320mのもみじ谷大吊橋を渡ってみた 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その9
塩原ダムで人生初のダムカードをゲット! 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その10
作って楽しい、食べて美味しい!千本松牧場でジンギスカンを食べてみた 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その11
千本松牧場のどうぶつふれあい広場でウサギやヤギと触れ合ってみた 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その12
千本松牧場内にある千本松温泉で旅の疲れを癒してみた 『塩原元湯温泉大出館の旅』 その13(最終回)

撮影機材は以下のものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D610
Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応
Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム