栃木県の塩原温泉にある明賀屋での夕食と朝食をたっぷりと紹介します! #地域ブログ

スポンサーリンク

栃木県の塩原温泉にある明賀屋に宿泊してきました。
今回は宿での夕食と朝食を紹介していきます。
まずは夕食から見ていきましょう。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

見てください、この品数。
周囲に飲食店が全くない山の中の宿なので、ここで出てくるもので十分な量があります。
それでは一品ずつ見ていきましょう。
まずは前菜から。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

Sponsored Link

盛り付けがかわいらしいですね。
湯葉もあります。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

湯葉と言えば日光のイメージがありますが、同じ栃木県内の塩原温泉でもよく出てきますね。

山菜と魚。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

山の中の宿ではありますがお刺身も出てきます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

茶碗蒸し。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

山菜がたっぷり入ったうどんもあります。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

このような葉っぱに包まれたものも出てきます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

中身はきのこと魚でした。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

これは美味しかったですね。

メインディッシュは陶板焼きです。
中身は味噌豚(?)でした。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

このお肉も柔らかでご飯と一緒に食べるのがよく合いましたよ。
ご飯のおかわりはたっぷりと用意されているので満腹になるのは間違いなしです。
最後はデザート。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

ここに来るまでにお腹がいっぱいになってしまって最後は苦しい思いをしながら食べました(笑)

次は朝食です。
まずは全体像から。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

さすがに夕食に比べると量は少なくなりますが、品数は豊富ですね。
山の幸がたっぷりと出ます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

温泉卵に昆布が入ったものもあります。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

温泉地の朝食で温泉卵は欠かせませんね。
朝ごはんにぴったりなとろろや焼き鮭も出てきます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

海苔は明賀屋印なのが何となく嬉しいです。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

朝食のメインディッシュはこちら。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

ツルムラサキとニラです。
これをドバっと鍋の中に入れてしばらく茹でます。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

茹で上がったらポン酢につけて食べるというものですが、僕はポン酢が苦手なのでお醤油で食べました。
ツルムラサキは初めて食べてものですが、そんなに癖がなくて意外に美味しかったですよ。

デザートはオレンジです。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

朝食は控えめにしようと思いつつも、結局いっぱい食べてしまいましたね。

今回この明賀屋では太古館という古い建物に宿泊しました。
徳富蘇峰が命名したというものです。
食事は太古館の大広間でとりました。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月10日

ここには蘇峰の書も掲げられているので必見ですよ。

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

塩の湯温泉 明賀屋の旅 2016年9月11日

太古館への宿泊は公式ホームページからのみ受けつているようです。
塩原温泉 明賀屋本館 公式ホームページ | 栃木県 首都圏から約2時間半の秘湯

本館についてはこちらから。

スポンサーリンク
とくとみぶろぐ内関連記事


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

Twitter で
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。イベント取材、旅レポート、製品レビューなどの依頼は大歓迎です。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール
トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録