青空、マジックアワー、ブルーモーメント 東京都庁の展望室からは無料でこんなに美しい景色を見ることができる!


とくとみぶろぐ

スポンサーリンク

展望台が大好きなとくとみ(@tokutomi)です。
街を高いところから見下ろすと、普段狭い道を歩きながら見ている街の風景とは全然違うものが見えてくるのが楽しいのですよね。
東京都内には有料の展望台があるビルやタワーがありますが、無料でもみごとな景色を見ることができる場所がいくつかあります。
そのひとつが東京都庁です。

東京都庁展望室からの眺め

都庁には南展望室と北展望室の2箇所の展望室があります。
基本的に南展望室は17:30までなので、23:00まで営業している北展望室の方が夕暮れ空をゆっくりと眺めることができます(北展望室が休みの時は南展望室が23:00までオープンするそうです)。
今回僕は北展望室で青空から夕焼け空への変化を楽しむことにしました。

まずは南東方向の眺めから見てみましょう。

東京都庁展望室からの眺め

Sponsored Link

ドコモのタワーや、東京スカイツリー、そして東京タワーまで見える方角です。

次は南西から西の方角です。

東京都庁展望室からの眺め

太陽がもうすぐ西の空に沈もうとしているので、夕方はおもいっきり逆光となる方向ですね。
でも、逆光だからこそ街の陰影が浮かび上がってくるのが面白いところです。

次は北西側の眺めです。

東京都庁展望室からの眺め

東の方角にはレストランがあり、その利用客でないと見ることはできません。

今回は北西の方角を中心にレポートしていくことにします。
空の色の変化を楽しむことができるのがこの方向です。
日没まではもう少し時間があるようです。

東京都庁展望室からの眺め

この都庁の展望室は面白い形をしているので、こんな風に撮ることができちゃいます。

東京都庁展望室からの眺め

東京都庁展望室からの眺め

ガラスに反射する太陽を撮ってみたり、

東京都庁展望室からの眺め

空を中心に雲を撮ってみたりしてみました。

東京都庁展望室からの眺め

そろそろ日没が近付いてきたようです。

東京都庁展望室からの眺め

この時間帯になると窓際にはたくさんの人が集まってきます。
隙間を見つけて何とか撮影してみました。

東京都庁展望室からの眺め

富士山の右横に太陽が沈もうとしている様子がわかりますかね。
そう、この日は富士山もくっきりシルエットで見えたのですよ。

また変化球で、窓ガラスに反射する夕日。

東京都庁展望室からの眺め

今度は窓際から離れて、夕日を眺める人々をシルエットにしてみます。

東京都庁展望室からの眺め

この美しい夕焼け空の時間はいつまでも続いて欲しいですが、太陽が沈むスピードは予想以上に速いです。

東京都庁展望室からの眺め

あっという間に日没となってしまいました。
しかし、夕焼け空の楽しみはここまでで終わりではありません。
太陽が沈んだ後の空の色の変化がまた面白いのですよ。

東京都庁展望室からの眺め

赤い夕焼け空がマジックアワーならば、その後に訪れる青い空の時間帯はブルーモーメントです。

東京都庁展望室からの眺め

僕はむしろ青い空の方が好きかも。

東京都庁展望室からの眺め

夜が来る前に訪れるほんのひと時だけ深い青に染められたこの空が。

東京都庁展望室からの眺め

こんなみごとな景色が見られる東京都庁の展望室が無料だなんて、ものすごくお得ですよね。
新宿方面に出かける際に時間がある時はぜひ遊びに行ってみてください。
ただし、三脚等を使っての撮影は禁止ですのでご注意ください。
詳細はこちらからどうぞ。
都庁見学のご案内‐展望室

写真はNikon D610+Voigtlander COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Asphericalで撮影し、市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro6でRAW現像しました。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください!

twitter、Facebook、Feedlyでもフォローをお願いします!

とくとみぶろぐ内関連記事




この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
記事内容や写真使用に関するお問い合せ、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

詳細なプロフィールはこちらから。
プロフィール

トップページ旅の全記録フォトウォーク登山の全記録

ブログ内検索

とくとみぶろぐ内の記事検索にお使いください。

著者紹介

とくとみ
徳富政樹(とくとみ)
Nikon D610で旅先や東京の様々な風景を撮影しています。撮影テーマは「東京路地裏散歩」「Tokyo Train Story」。ネコや井戸ポンプなどの下町風景が大好き。第2回、第5回タムロン鉄道風景コンテストで佳作に入賞。写真使用に関するお問い合せ、サイト内への広告掲載、記事広告、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談はこちらからお願いします。




詳細プロフィール
旅の全記録
お問い合わせ
Flickr
YouTubeチャンネル
東京からの日帰り青春18きっぷ活用ガイド新着情報
365 DAYS OF TOKYO(とくとみぶろぐ別館)
カピバラブログ(とくとみぶろぐ別館)
とくとみのtwitter
とくとみぶろぐFacebook ページ
とくとみのFacebook

鉄道コム
RSSフィード

とくとみぶろぐでは市川ソフトラボラトリーからSILKYPIXを無償提供されてRAW現像を行っております。
silkypix

Booking.com

タイアップ企画での旅日記シリーズ

​魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016 全30話の旅日記です。


東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」で神津島へ行ってきました!全32話の旅日記です。


ANAと旅マガジン「Linkトラベラーズ」の企画でドイツに行ってきました。全51話の旅日記です。


プレス向けのツアーで早春の伊豆へ!全11話の旅日記です。


熊本県を鉄道で旅しよう!全41話の旅日記です。


広島デスティネーションキャンペーンで広島県内を巡ってきた全30話の旅日記です。


スパリゾートハワイアンズでフラガールを見てきた全16話の旅日記です。


おくなわ 離島ガイド・プロジェクトで沖縄県の渡名喜島に行ってきた全28話の旅日記です。


日本カメラ 2015年6月号にとくとみが書いた記事が掲載!

文庫本の表紙になりました!


皆藤黒助さん著の「ようするに、怪異ではない。」の表紙デザインにとくとみが撮影した写真が参考として使用されています!

シェア大歓迎!

写真使用に関するお問い合せ、記事広告、サイト内への広告掲載、商品レビュー依頼、取材依頼などのご相談は下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム